ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
亀岡市立西別院小学校のタイトル画像

本文

亀岡市立西別院小学校

 


亀岡市ブランドロゴマークの画像


【亀岡市ブランド/ロゴマーク】

ようこそ 里山 西別院小学校ホームページへ


田園から臨む校舎の画像 グランドから臨む校舎の画像

【西別院小学校の特色】

 西別院小学校は、少人数の特徴を生かして地域に根差した特色ある教育を推進している小規模特任校です。本校では、特に、アントレプレナーシップ(起業家的行動能力)の育成に力を入れ、地域の人達の協力を得た”本物体験”をし、様々な人と出会う中で豊かで”あったかな心”を育み、1人1人にきめ細やかな指導をすることで「わかる慶び」「できる楽しさ」を実感しながら確かな学力を培うことを目指しています。

【特認校制度を活用しています】

 小規模特認校の制度を利用することで、亀岡市に在住の小学生は誰でも入学できます。自然の中で、のびのびと学習したい!様々な活動を少人数の仲間達と楽しく体験したい!という方、ぜひ、気軽にお問合せください。随時、見学・説明を行っています。
2019玄関の花の画像 2020玄関の花の画像 

【アントレプレナーシップ
 (起業家的行動能力)の育成】

 本校では平成27年(2015年)から、PTAや自治会などから構成される「子ども心の教育推進委員会」や西別院営農組合、NPO法人アントレプレナーシップ開発センターなどと連携して起業体験活動推進委員会を設け、アントレプレナーシップを育成するために、地域の魅了を発信する目的で、地域の資源を活かした商品づくりや販売に挑戦する起業体験活動を行っています。

【Web交流学習】

 石川県能登町立小木小学校とのWeb(Zoom)を活用した広域交流学習を実施し、小規模校故に磨く機会の少ないコミュニケーション能力や表現力、発信力を鍛え、里山学習から故郷の良さを再認識し、里海学習から発信される新たな学びを吸収し新しい学力を身に付けています。
校門から臨む校舎の画像 グランド隅から臨む校舎の画像


英語:peeping 西別ピーピング

 『実用日本語表現辞典(引用)による解説には、
 ピーピングとは、「トレーディングカードゲームで、カードの効果によって、本来は見ることのできない相手の手札や山札などを覗き見ることを意味する語。直接のカード・アドバンテージには繋がらない場合が多いが、情報を得ることがその後の戦略において有利にはたらく場合がある。」』と少しマイナスの意味合いが強く感じられる表記がされています。
 左コラムの「ピーピング」とは「西別院小学校の様子をちょっとのぞき見する」という意味合いを持たせています。多くの情報を公開しておりませんが、本校のほんの一部を気軽に覗いて見てもらえればという遊び心です。
 「学校の出来事」には普段の様子や行事の模様を、「Nissi(ニッシ)カンパニー」には、起業体験に係る模様を、「里海里山学習」では能登の小木小学校やふるさと学習などの交流を、「交流活動」では、他校や外部との交流に関わる模様をアップしています。カテゴリー的に被るケースもありますがご容赦下さい。お気軽にピーピングしていただければと思います。

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?

学校からのお知らせ

HPをリニューアルしました。

 

PTA人権研修会のお知らせ
令和4年1月12日水曜日
9時35分~10時40分
書き初め展開催予定