ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 上下水道 > 上下水道 > 上下水道部 > 配水管等布設工事における主任技術者等の技能者の配置が必要です

本文

配水管等布設工事における主任技術者等の技能者の配置が必要です

4 質の高い教育をみんなに6 安全な水とトイレを世界中に
ページID:0003998 2021年10月18日更新 印刷ページ表示

 平成28年度から亀岡市上下水道部が発注する「配水管等布設工事」は、重要なライフラインに係る工事であることから、工事の技術力の確保のため、主任技術者、監理技術者または現場代理人のいずれかの者が、配水管技能者であることが必要となりますのでお知らせします。

 配水管等布設工事はダクタイル鋳鉄管ならびに配水管用ポリエチレン管耐震継手管を主に使用しておりますので、配置が必要な配水管技能者の資格は工事毎に特記仕様者により指定いたします。

 詳しくは次項のお知らせ[PDFファイル/55KB]をご覧ください。

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?
Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

亀岡市AIチャットボット