ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 環境先進都市推進部 > 資源循環推進課 > 火災の原因となるごみの分別徹底のお願い

本文

火災の原因となるごみの分別徹底のお願い

14 海の豊かさを守ろう12 つくる責任 つかう責任
ページID:0002825 2021年7月12日更新 印刷ページ表示

近年、ごみの処理施設や収集車両において、スプレー缶やライター、電池などが原因と思われる火災事故が頻発しています。亀岡市においても火災事故がたびたび発生しており、市のごみ処理行政における喫緊の課題となっています。

スプレー缶やライターなどを埋め立てごみや燃やすごみへ混入されると、収集車内や処分場で圧縮されることでガスを噴出し、圧縮時に発生する火花に引火し、火災が発生します。

電池については、圧縮されることでショートを起こし火花が発生し、ほかのごみへ引火することで火災が発生します。

火災発生防止のため、分け方と出し方を正しく守るようお願いいたします。

発火の原因となるごみと排出方法について

品目

区分

出し方

スプレー缶

カセットボンベ

スプレー缶・ライター

スプレー缶・ライターの日にオレンジ色のコンテナに出してください。

ライター

スプレー缶・ライター

スプレー缶・ライターの日にオレンジ色のコンテナに出してください。

乾電池

(円筒型、平型)

電池 乾電池の日に中身の見える透明な袋で出してください。

充電式電池・モバイルバッテリー

(リチウムイオン、ニッケル、ニカド)

電池

乾電池の日に中身の見える透明な袋で出してください。

電気量販店などにある回収ボックスもご利用ください。

ボタン電池 収集不可

販売元や製造元にご相談ください。

電気量販店などにある回収ボックスをご利用ください。

鉛電池

(自動車のバッテリーなど)

収集不可 販売元や製造元にご相談ください。

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?

亀岡市AIチャットボット