ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 産業観光部 > 商工観光課 > 保津川下り

本文

保津川下り

ページID:0003543 2021年7月12日更新 印刷ページ表示

江戸時代から続く世界の舟下り

急流と穏やかな淵を繰り返しながら、京都・嵐山まで約16kmの渓谷を約2時間で下る、スリルに富んだ豪快な舟下り。
山桜やまぶしい新緑、イワツツジ、紅葉、そして雪景色…四季を通して美しい景色が楽しめます。

保津川下りかめまる

慶長11年(1606)、豪商・角倉了以が木材、米、薪炭などといった丹波地方の産物を京へ送るため、産業水路として開いた保津川。
現在は観光川下りの名所として、国内外の人々から注目されています。
水しぶきを浴びながら、船頭のユニークなガイドや、奇岩・奇石を楽しんでください。

写真:紅葉の保津川下り
(平成14年度亀岡市観光写真コンテスト入賞作品)

写真:急流を下る舟
(平成18年度亀岡市観光写真コンテスト入賞作品)

運転日

≪通常船≫3月10日~11月30日
≪冬季お座敷暖房船≫12月1~3月9日
※土曜日・日曜日、祝日は不定期運航
※荒天・増水などにより運休となる場合があります。
※12月29日~1月4日は運休

料金

≪定期乗合船≫大人4,100円(子ども2,700円)
≪貸切船≫82,000円(一隻17人まで・平日のみ運航)

問い合わせ

保津川遊船企業組合
電話 0771-22-5846
ようこそ保津川下りホームページ​<外部リンク>

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?

亀岡市AIチャットボット