ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民生活部 > 市民課 > 国民年金の保険料

本文

国民年金の保険料

9 産業と技術革新の基盤をつくろう
ページID:0002872 2021年7月12日更新 印刷ページ表示

第1号被保険者(自営業・学生の人など)の保険料

国民年金保険料(令和3年4月~令和4年3月)

1.定額保険料

月額16,610円

2.付加保険料(定額保険料と併せて納めます)(希望者のみ)

月額400円

付加年金(年額)

「200円×付加保険料納付月数」が、老齢基礎年金に上乗せされ受給できます。

この他、国民年金に上積みする年金として、国民年金基金があります。

なお、国民年金基金に加入したときは、付加保険料を納めることができません。

保険料の納付方法

1.納付書

日本年金機構から送付された納付書により、次の場所にて、現金で納めることができます。

保険料の納付先

  • ゆうちょ銀行
  • 銀行
  • 農協
  • 漁協
  • 信用組合
  • 信用金庫
  • 労働金庫
  • コンビニエンスストア

まとめて前払いすると割引される前納割引制度があります。

※令和3年度保険料額 月額16,610円

現金

月々 199,320円  
前納(6カ月分をまとめて納める) 197,700円 1,620円の割引/年
前納(1年分をまとめて納める) 195,780円 3,540円の割引/年
前納(2年分をまとめて納める) 383,810円 14,590円の割引/2年
※令和4年度保険料額 月額16,590円

※2年前納を希望されるときは、京都西年金事務所に直接お申込みください。

2.口座振替

納め忘れがない口座振替は、保険料の割引制度も利用できるので、おすすめです。

毎月保険料を納めるなら、当月分の保険料を当月末に引き落とす「当月末引き落とし」を申し込むと月額50円の割引になります。

まとめて前払いすると割引される前納割引制度があります。

※令和3年度保険料額 月額16,610円

口座振替

月々(翌月末引き落とし) 199,320円  
月々(当月末引き落とし) 198,720円 600円の割引/年
前納(6カ月分をまとめて納める) 197,060円 2,260円の割引/年
前納(1年分をまとめて納める) 195,140円 4,180円の割引/年
前納(2年分をまとめて納める) 382,550円 15,850円の割引/2年
※令和4年度保険料額 月額16,590円

※2年・1年前納希望の人は、2月末日までにお申し込みください。

※4月から9月分の6カ月前納希望の人は2月末日までに、10月から翌年3月分の6カ月前納希望の人は8月末日までにお申し込みください。

3.お好みの方法で「電子納付」

国民年金の保険料は、インターネットや携帯電話、ATM、電話の音声案内などを利用した電子納付にも対応しています。ご利用の金融機関へお問い合わせください。

4.クレジットカード支払い

保険料をクレジットカード支払いにすることができます。

まとめて前払いすると割引される前納割引制度があります。

※令和3年度保険料額 月額16,610円

クレジットカード
支払い

月々 199,320円  
前納(6カ月分をまとめて納める) 197,700円 1,620円の割引/年
前納(1年分をまとめて納める) 195,780円 3,540円の割引/年
前納(2年分をまとめて納める) 383,810円 14,590円の割引/2年
※令和4年度保険料額 月額16,590円

※2年・1年前納希望の人は、2月末日までに申し込んでください。

※4月から9月分の6カ月前納希望の人は2月末日までに、10月から翌年3月分の6カ月前納希望の人は8月末日までに申し込んでください。

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?

亀岡市AIチャットボット