ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 生涯学習部 > 文化国際課 > 開かれたアトリエ

本文

開かれたアトリエ

ページID:0002417 更新日:2021年7月12日更新 印刷ページ表示

市役所地下1階に「開かれたアトリエ」がオープン

亀岡市は2020 年に内閣府からSDGs 未来都市に、さらには「かめおか霧の芸術祭」を中心とした取り組みが「自治体SDGs モデル事業」に選定されました。
「開かれたアトリエ」は、この自治体SDGs モデル事業のイノベーションハブとして、ワークショップに参加した市民の意見を取り入れながら、本市と協定を締結している京都芸術大学とその学生にも参加いただき整備しました。
カフェ・レストランやコワーキングスペース、イベントスペース、作品展示など、多様な使われ方をする中で、多くの人々が出会い、イノベーションが創出され、SDGs の推進に資する場所となることを目指しています。

開かれたアトリエ

<開かれたアトリエ>

〒621-8501京都府亀岡市安町野々神8 亀岡市役所地下1階
利用時間 午前9時~午後5時
利用料金 無料。どなたでもご利用いただけます。

機能

コワーキングスペース

ミーティングや自習など、ご自由にお使いください(フリーWi-Fiあり)。

図書コーナー

亀岡市立図書館の本が常時約400冊揃っています。季節ごとにアーティストがテーマを決めて本の入れ替えを行います。本の読み聞かせなども実施します。
※オンライン予約(亀岡市立図書館ホームページ<外部リンク>)で貸し出しも可能。

キッズ・くつろぎコーナー

靴を脱いで上がり、くつろいだり子どもと絵本を読んだりできます。

資材循環コーナー

自由に持ち帰ることができる資材や物品のほか、アトリエ内で自由に使える工具を提供します。

情報発信収集コーナー

亀岡だけでなく、全国で製作された情報誌を提供し、情報の収集・発信拠点となることを目指します。

トークイベント・ワークショップ

トークイベントやワークショップなどを定期的に開催。アーティストや様々な人々と知恵や技術を共有する場を創出します。

展示/展覧会

多様な企画・展覧会を年間を通じて開催し、亀岡のさまざまな側面がみられる場を空間に構成します。

マルシェ(不定期開催)

アーティストや農家などさまざまな方の出店を促し、交流へとつなげます。

ATLR CAFE(アトリエカフェ)

SDGsやプラスチックごみゼロ、フードロスの低減、地産地消、フェアトレードなど環境に配慮したカフェレストラン。亀岡牛や亀岡産野菜を使ったメニューが楽しめます。
カフェ営業: 平日午前10時~午後5時(ラストオーダー・午後4時30分)
レストラン営業: 平日午前11時~午後2時(ラストオーダー・午後1時30分)

開かれたアトリエ 施設ガイド[PDFファイル/3.86MB]

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?
Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)