ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 男女共同参画 > LGBTQ+ > 多目的トイレの表示の取組について

本文

多目的トイレの表示の取組について

5 ジェンダー平等を実現しよう17 パートナーシップで目標を達成しよう
ページID:0043357 2022年12月26日更新 印刷ページ表示

多目的トイレの表示の取組について

<多目的トイレの利用について>

車いす使用者や身体が不自由な人たちのほか、オストメイトの人や異性介助が必要な人など、男女別のトイレが利用できるように見えても、多目的トイレを必要とされている人がおられます。

また、LGBTQ+の人たちの中には、身体の性と心の性が一致しないことによる身体の性への違和感などを理由として、男女別のトイレを利用しづらいと感じ、性別を問わない男女共用の多目的トイレを利用したい人がおられます。

そこで、亀岡市では市庁舎のトイレの表示について、車いす対応、乳幼児用いすに加え男女共用のピクトグラムと「どなたでもご自由にお使いください」の文字を表示することで、多目的トイレを利用しやすい環境づくりを行います。

併せてLGBTQ+啓発事業シンボルマークを表示することで、性の多様性への理解を促し、すべての人が生きやすい社会の実現を目指します。

車いす対応、乳幼児用いす、男女共用のピクトグラム         LGBTQ+啓発事業シンボルマーク      
 車いす対応、乳幼児用いす、    LGBTQ+啓発事業シンボルマーク
  男女共用のピクトグラム

 

 

多目的トイレ表示の写真の1枚目 多目的トイレ表示の写真の2枚目
               多目的トイレの表示

アンケートにご協力ください!

多目的トイレの表示について、ご意見を募集しています。
下記のURL、もしくは、市役所1階情報コーナーに設置しているアンケート用紙にて、ご回答をよろしくお願いいたします。
アンケートURL:https://logoform.jp/form/JbYC/165581<外部リンク>

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?

亀岡市AIチャットボット