ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

新型コロナウイルス感染者への人権尊重について

4 質の高い教育をみんなに3 すべての人に健康と福祉を
ページID:0002131 2021年7月12日更新 印刷ページ表示

~今こそ、思いやりを大切に~

新型コロナウイルスに感染するリスクは誰にでもあり、また、感染経路も様々です。

いつ、誰が感染してもおかしくない状況で、ひょっとしたら、次は「あなた」または「あなたの大切な人」が感染してしまうかもしれません。

そんな中、感染された方やそのご家族などに対する「うわさ話」や「心ない書込み」などの状況が見られ、当事者の皆さんが傷つき悲しんでおられます。

(もしも、あなたの大切な人が傷つき、悲しんでいたら・・・)。

いかなる場合であっても、不当な差別、偏見、いじめなどは決して許されるものではありません。

たとえ感染してしまっても、地域の中で暮らしを取り戻せる、受け止めてもらえる、誰もが笑顔で住み続けられるまち「亀岡」でありたい。

苦しい時こそ、お互いを思いやりながら、市民一丸となって乗り越えていきましょう。

そのためにも、市民の皆さまには正しい情報に基づき、人権意識をもって冷静な行動をお願いします。

参考

啓発資料

新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!~負のスパイラルを断ち切るために~(日本赤十字社)<外部リンク>

啓発動画

人権への配慮について(政府インターネットテレビ)<外部リンク>

相談窓口

新型コロナウイルス感染症に関連して(法務省)<外部リンク>

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?