• かめおかプラスチックごみゼロ宣言
  • ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • マイナンバーについて
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通
  • 職員募集
  • 上下水道部
  • 亀岡市消防団

tenki.jp 

総合トップ ホーム > 産業 > 都市計画 > 計画・ガイドライン > 市街化調整区域における地区計画の運用指針(原案)に対するパブリックコメント(意見募集)の結果について

更新日:2020年1月22日

ここから本文です。

市街化調整区域における地区計画の運用指針(原案)に対するパブリックコメント(意見募集)の結果について

意見募集結果

市街化調整区域における地区計画の運用指針(原案)について、令和元年12月2日から12月27日までパブリックコメントを実施したところ、貴重なご意見をお寄せいただきありがとうございました。お寄せいただいたご意見およびこれに対する亀岡市の考え方を公表します。

案件名

市街化調整区域における地区計画の運用指針(原案)に対するパブリックコメント

意見募集期間

令和元年12月2日(月曜日)から令和元年12月27日(金曜日)まで

意見数および意見の要旨と亀岡市の考え方

意見数:1件

意見の要旨 亀岡市の考え方

「市の諸施策における周辺市街地一体型地区計画の運用指針の位置付けについて」

 市においては今後に予測される「人口減少社会」への対応が喫緊の課題と考えられ、今般の京都スタジアムのオープンは多くの集客が見込まれることから市に活力が生まれることが期待できると思います。

 しかし、高校生の意識調査などでは市内に魅力が感じられないという意見が多いとの報道がなされているように、生まれた活力を市の課題解決に繋げるのは至難と考えられます。

 今回の、市街化調整区域の活用に向けての方向は、単に「周辺市街地と調和」の観点からの新たな居住地の創出だけではなく、特に立地条件が好ましい区域においてはアミューズメント施設などを含む大型商業施設を核とした土地活用の誘導を目指すべきではないかと思い、さらに、この指針による運用が市の課題解決に繋がるものとして市の諸施策の中に位置付けることが重要ではないかと思います。

 市街化調整区域における地区計画制度については、市街化を抑制する区域という市街化調整区域の基本理念を堅持しつつ、地区の特性に相応しい良好な生活環境の維持・形成を許容していくため、都市計画マスタープランに位置付けられているまちづくりの推進方策として、地区計画制度に係る運用指針を策定するものです。

 ご意見をいただきました「周辺市街地一体型地区計画」につきましては、運用指針に基づき周辺市街地と調和した健全で一体的かつ効率的な土地利用を図ることとしています。

お問い合わせ

まちづくり推進部都市計画課計画係

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5040

FAX:0771-23-5000

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る