• かめおかプラスチックごみゼロ宣言
  • ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • マイナンバーについて
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通
  • 職員募集
  • 上下水道部

tenki.jp 

総合トップ ホーム > 観光 > 大河ドラマ「麒麟がくる」 > 麒麟がくる 京都大河ドラマ館 入館者33,333人達成セレモニーを開催しました!

更新日:2020年6月15日

ここから本文です。

麒麟がくる 京都大河ドラマ館 入館者33,333人達成セレモニーを開催しました!

2020年1月11日にオープンした「麒麟がくる 京都大河ドラマ館」の入館者数が6月13日(土曜日)に33,333人を達成しましたので、同日、記念セレモニーを開催しました。

33,333人目の入館者は、栗東市からお越しの親子で、桂川亀岡市長から33,333人目の記念証と記念品の亀岡牛1.3kg(1.3→光秀が1.3万人の軍勢で本能寺へ向かったことにかけて)と神前米3,3kg(3.3→秀が来を創るにかけて)を贈呈しました。

33,333人目の入館者の人は、「歴史好きの長女につられて、家族でドラマを楽しんでいたので嬉しい」と喜ばれていました。

33333人セレモニー1

 

33333人セレモニー2

33,333」人目の意味

33,333(3が5つ)は、「京都大河ドラマ館」と「明智光秀」を表しており、

  • 3…河ある亀岡

  • 3…秀の大河ドラマ館in

  • 3…サンガスタジアムに

  • 3…じていただいた

  • 3…辞をお礼とともに送ります

という意味が込められています。

 

※大河ドラマ「麒麟がくる」の放送が一時休止している間も、京都大河ドラマ館は、通常開館しています。

京都大河ドラマ館について、詳しくはこちらから(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

産業観光部光秀大河推進課

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5093

FAX:0771-25-4400

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る