ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市長公室 > SDGs創生課 > 京都丹波 田舎農業の手引き

本文

京都丹波 田舎農業の手引き

2 飢餓をゼロに17 パートナーシップで目標を達成しよう
ページID:0001845 2021年7月12日更新 印刷ページ表示

「ちょっと畑仕事もしたい」「自分の食べる分ぐらい自分でつくれたら」という思いを持っておられる移住希望者がたくさんいらっしゃいます。

そういった思いが実現するようにお手伝いをしていますが、その一方で、「農地」を所有したり耕作したりするには法律による制限や地域で長年にわたり守られてきたルールがあります。

「どのようにしたら農地を使うことができるの?」「地域にうまく溶け込むためにはどうしたらいいの?」そんな疑問に答えるための冊子を、京都府南丹広域振興局・南丹市・京丹波町・亀岡市の移住担当課で協力して作成しました。ぜひ参考にしてください。

京都丹波 田舎農業の手引き(令和2年4月初版)

京都丹波 田舎農業の手引き(令和2年4月初版)[PDFファイル/3.61MB]

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?
Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

亀岡市AIチャットボット