ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 教育委員会 > 文化資料館 > 第61回企画展図録「中川小十郎-馬路村より立命館創立者へ-」

本文

第61回企画展図録「中川小十郎-馬路村より立命館創立者へ-」

ページID:0004237 2022年7月29日更新 印刷ページ表示

亀岡市文化資料館第61回企画展図録「中川小十郎-馬路村より立命館創立者へ-」の展示会図録を紹介します。

本書の内容

 平成28年(2016)は、中川小十郎の生誕150年にあたります。小十郎は、慶応2年(1866)に桑田郡馬路村(亀岡市)に生まれ、立命館の前身となる京都法政学校を創立した人です。立命館の名は、大正2年(1913)に校名とされました。小十郎は、官僚、実業家としても活躍し、貴族院議員も務め、昭和19年(1944)に78年の生涯を閉じます。

 創立者としての事績を中心に、生誕150周年記念事業を進める立命館大学、および中川小十郎先生亀岡顕彰会、馬路町自治会の全面的な協力を得て、小十郎のひととなりを紹介します。また亀岡での事績として、明治維新期に山陰道鎮撫使を迎え、戊辰戦争時に揺れ動く馬路村で幼少期を過ごしたようすや、晩年に地元馬路村へ建立した顕彰碑などにも触れ、小十郎と亀岡の関係を描きます。

 図録の目次はPDFでもご覧いただけます。

第61回企画展図録目次[その他のファイル/1.94MB]中川小十郎

体裁

  • 本書は、亀岡市文化資料館で、平成28年7月16日(土曜日)~8月28日(日曜日)まで開催した企画展の図録です。
  • 体裁:A4版、本文33ページ
  • 価格:500円(送料215円(ゆうメール))

お申込み方法

  • 直接販売:当館窓口にて販売中です。(開館時間は、午前9時~午後5時まで。毎週月曜日は休館)
  • 郵送販売:本代分の現金と送料分の切手を現金書留で当館までお送りください。

連絡先

  • 〒621-0815 京都府亀岡市古世町中内坪1
  • 亀岡市文化資料館
  • 電話 0771-22-0599、0771-25-5067
  • ファクス 0771-25-6128

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?

亀岡市AIチャットボット