ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 会計管理室 > 財産管理課 > ≪一般競争入札≫亀岡市公有地の売却について(篠町柏原松ノ浦1番3、同3番3/元道路新設改良事業用地)

本文

≪一般競争入札≫亀岡市公有地の売却について(篠町柏原松ノ浦1番3、同3番3/元道路新設改良事業用地)

ページID:0023747 2022年6月1日更新 印刷ページ表示

亀岡市が所有する下記の土地を≪一般競争入札≫により売却します。

入札に参加される人は、実施要領などの関係資料をよくお読みいただき、全てをご承諾の上、申し込んでください。

物件概要などは次のとおりです。詳細については必ず実施要領などで確認してください。

物件

亀岡市篠町柏原松ノ浦1番3、同3番3(元道路新設改良事業用地)

 1番3 地目:雑種地 地積:805.89平方メートル(実測)

 3番3 地目:雑種地 地積:587.24平方メートル(実測)

※2筆を一括して入札を行います。1筆のみの売却は行いません。

※1番3には既存建物が存在しており、建物付きでの売却となります。

入札日時など

令和4年7月7日(木曜日)

入札:午前10時から午前10時40分まで(入札保証金が必要です。)

開札:午前11時から(落札者は、契約時に契約保証金が必要です。)

入札、開札とも、亀岡市役所4階入札室で実施します。

入札参加資格

日本国内に居住している者。ただし、次のアからオまでに該当する者は申し込みできません。

ア、地方自治法施行令第167条の4第1項に規定する者

イ、地方自治法施行令第167条の4第2項各号のいずれかに該当し3年を経過しない者およびその者を代理人、支配人その他の使用人として使用する者

ウ、亀岡市暴力団排除条例第2条第1号に規定する暴力団および同条第4号に規定する暴力団員等ならびにこれらの者の依頼を受けて市有地などの売買契約をしようとする者

エ、地方自治法第238条の3に規定する者

オ、亀岡市税に滞納がある者

申し込み方法など

入札に参加される場合は、事前の申し込みが必要です。

令和4年6月10日(金曜日)から令和4年6月30日(木曜日)までの間に、本市指定の「一般競争入札参加申込書」などに所定の事項を記入、押印の上、必要書類を添付して、亀岡市役所1階財産管理課(14番窓口)へ直接持参して提出してください。(ただし、土曜日、日曜日を除く。)

受付時間は、午前9時から午後5時までの間です。(ただし、正午から午後1時までを除く。)

実施要領・入札参加申込書など

実施要領および申し込みにかかる必要書類などは、以下の添付ファイルからダウンロードして使用してください。ダウンロードできない場合は、亀岡市役所1階財産管理課(14番窓口)で配布しますので取りに来てください。

実施要領 [PDFファイル/1.53MB]

入札参加申込書などの必要書類、各種様式 [Wordファイル/55KB]

位置図・現況写真 [PDFファイル/1.22MB]

最低売却価格 78,000,000円
土地利用条件・特記事項など

入札する物件には、次の土地利用条件などが付されます。

ア、周辺地域の生産環境、業務環境または居住環境と調和した開発を購入者が事業主として行うこととし、購入者自らが一切事業に着手することなく第三者に譲渡することは固く禁じます。

イ、給水に関する条件:当該地に給水管の引込みはありません。新規引込みを希望される場合は、前面道路などに配水管が布設されていないため、新規引込口径に合わせた配水管の布設整備が必要です。配水管の布設整備にあたっては、亀岡市水道課と協議が必要です。なお、配水管の布設整備に係る工事費用については、全額申請者の負担となります。新規引込みを行う際は、給水装置工事申し込み時に加入金(口径加入金・面積加入金・申請手数料)が必要です。土地利用の状況に応じて関係課と十分協議、調整を行うこと。

ウ、下排水に関する条件:当該地に公共汚水桝はありません。公共汚水桝を設置する場合は、前面道路などに下水道本管を布設する必要があります。下水道本管の布設整備にあたっては、亀岡市下水道課と協議が必要です。なお、下水道本管の布設整備に係る工事費用については、全額申請者の負担となります。当該地は供用開始区域外のため、負担金は賦課されていません。下水道施設の使用には、受益者負担金(440円/平方メートル)が必要です。土地利用の状況に応じて関係課と十分協議、調整を行うこと。

エ、都市計画法、建築基準法、建築基準法施行条例(京都府)、亀岡市宅地開発等に関する条例など亀岡市の関係条例、その他全ての関係法令などを遵守するとともに、土地利用の状況に応じて関係機関、関係課などと十分協議、調整の上、適切に処理すること。

オ、本物件上には、既存建物(倉庫:未登記)が存在します。売却物件は既存建物を含み、契約締結時における現状有姿のまま売り渡すものであり、契約不適合責任は負いません。ただし、購入者が消費者契約法第2条に規定する消費者の場合、引渡しの日から2年間に限り民法第562条から第564条までに定める契約不適合責任を負います。

カ、既存建物について解体が必要な場合は、解体撤去費用については購入者の負担となります。なお、解体撤去工事に起因して発生する損害等について、責任を負いません。

キ、土地利用、工事などにあたり、近隣住民に対して誠意をもって対応することとし、亀岡市は関与しません。なお、工事などに伴う騒音、振動、埃などおよび新施設を建設したことに起因する電波障害、風害、日影などの周辺への影響については、購入者の責任において対応すること。

ク、接道条件や敷地内の高低差などを含め、現地、隣接地および周辺環境の状況を購入者自身で確認の上、申し込むこと。

用途制限

入札する物件には、売買契約書において次の用途制限が付されます。

ア、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第2号に規定する暴力団その他の反社会的団体およびそれらの構成員がその活動のために利用するなど公序良俗に反する用に供しないこと。

イ、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律第2条第1項に規定する風俗営業および同条第4項から第11項までに規定する風俗関連営業の用に供しないこと。

無効な入札

次の入札は無効となります。

ア、入札参加資格のない者がした入札

イ、指定の時刻までに提出しなかった入札

ウ、所定の入札書によらない入札

エ、入札保証金を納付しない者又はその金額に不足のある者のした入札

オ、入札者又はその代理人が同一の入札について、2枚以上の入札をした場合のその全部の入札

カ、入札者及びその代理人がそれぞれ入札した場合のその全部の入札

キ、入札書の金額、氏名、印影又は重要な文字が識別できない入札

ク、入札金額を訂正した入札

ケ、入札に関し、不正な行為を行った者がした入札

コ、指定の日時までに事前申込みをしなかった者がした入札

落札者の決定方法 最低売却価格以上の額の入札のうち、最高額で入札した者を落札者とする。同額の入札をした者が二人以上あるときは「くじ」によります。
入札保証金および契約保証金

入札保証金(京都手形交換所参加金融機関が振り出した小切手):入札額の5%以上

契約保証金:契約金額の10%以上

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?
Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

亀岡市AIチャットボット