ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > こども未来部 > 子育て支援課 > 妊娠・出産に係る制度:不育症をご存じですか

本文

妊娠・出産に係る制度:不育症をご存じですか

3 すべての人に健康と福祉を8 働きがいも経済成長も
ページID:0003403 2021年7月12日更新 印刷ページ表示

不育症とは

 妊娠しても、流産、死産、新生児死亡などを繰り返す状態をいいます。

 現在、何回流産を繰り返すと不育症と定義するかは決まっていませんが、一般的には2回連続した流産・ 死産があれば、不育症と診断されます。

 原因はさまざまですが、専門外来で検査、治療をした人のうち8割が無事、出産しています。

 不育症の女性は強い心のストレスを抱えています。夫婦だけで悩まずに、まずは 専門医に相談をする ことが大切です。

 不育症について詳しくは、厚生労働省研究班のホームページ<外部リンク>をご覧ください。

相談窓口

 不育症は京都府の不妊相談窓口で相談できます。助産師などが不妊や妊娠出産に関する相談に応じます。

 詳しくは、きょうと子育てピアサポートセンター<外部リンク>をご覧ください。

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?

亀岡市AIチャットボット