ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

教育目標

2022年4月1日更新 印刷ページ表示

2022(令和4)年度

つつじケ丘小学校の教育

 

1 学校の理念

「子どもは、子どもの中でこそ育つ」

まわりの人やもの、全てが子どもの育ちや学びには大きく影響する。つつじケ丘小の最大の武器は子どもの多さ(=多様性)であり、その良さを最大限にいかす教育を、みんな(子ども・教職員・保護者・地域)で知恵と工夫を出しあって創造することを理念とする。まずは、全ての教育活動の中で「子ども同士をどう繋げていくのか」、「如何に互いの良さに気づき認め合える学級や学年・学校をつくるのか」に注力したい。そして、教職員は児童にとって一番重要な教育環境であるという自覚を持ち、ともに学び合い成長していく。

 

2 学校教育目標(つつじケ丘小・南つつじケ丘小・東輝中共通目標)

○ 自他を理解し互いに、支え合う児童生徒の育成

○ 豊かな人間性や社会性を身に付けた児童生徒の育成

○ 物事を深く考え、主体的に学び努力し続ける児童生徒の育成

【3つの力】

ともに生きる力

学び続ける力

これからの社会をたくましく生きる力

 

3 めざす学校像

   ~全ての児童が願いや希望を持てる学校~

   ○児童や教職員が躍動する学校

   ○あいさつが響き合う学校

4 育てたい児童像

○人と人とのふれあいを大切にする児童

○自分の意見を持ち、正しい判断ができる児童

○自ら学び、自ら考える児童

 

5 今年度の重点

 1.希望や願いを育み人間力を育てる学校づくり

・すべての児童が安心できる居場所づくり

(居心地のよい学級・学校づくり、相談室の充実)

・育てたい児童像にこだわり続ける

・子どもが「あこがれ」を持つ対象を多くつくる

 

 2.人権教育を基盤とした学校づくり

・人権教育の柱として特別支援教育を位置づけ、インクルーシブ教育の充実をはかる

・全教職員が、特別支援教育への理解を深め、授業力の向上をはかる

・特別支援学級の教育内容の充実と教育プログラムの構築をはかる

・支援学級と交流学級がいっそう連携を深め、めざす児童像にせまるように努める

 

 3.教職員のチーム力を活かす学校づくり

・学校生活のすべてにおいて、児童像をめざすことに教職員のチーム力を結集する

(一部教科担任制の積極的な導入 英語専科、理数専科、音楽専科、乗り入れ授業等)

・教職員一人ひとりの個性を活かす学校づくりをすすめる(良いと思うことは即実践)

・若手とベテラン教員の協働による人材育成(学びプロジェクトをはじめ、日常的なOJT)

・常に学校運営に関する方針や児童の情報などの共有を徹底する

・新たな仕事へのチャレンジと共に、見直しや工夫によって仕事の大胆な精選を行う

 

 4.楽しく学びがいのある授業を実践する学校づくり

・児童の主体的な考えや活動を前面に出し「子どもが学ぶ・子ども同士が学び合う授業」をつくる

・自分の言葉で語ること、単語ではなく文で発言する習慣をつける

・GIGAスクール構想(一人一台タブレット)を有効活用し、未来に生きる子ども達につける力を明確にした実践を仕組んでいく

 

 5.9年間を見通し、児童の願いや希望が叶う学校づくり

・小中一貫教育の推進(別紙)

・小学校の時期を志(願いや希望)の芽生えの時期ととらえ、キャリア教育を充実させる(キャリアパスポートの有効活用)

・1~4に掲げた重点課題の達成のために、小・中学校間で具体的な実践を進める

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?

学校からのお知らせ

令和3年度10月より亀岡市立小学校のホームページが新しくなりました。

ブックマーク登録よろしくお願いします。