ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 予防接種 > 新型コロナウイルス感染症に関連する情報 > 新型コロナウイルスワクチン第一期追加接種(3回目接種)について

本文

新型コロナウイルスワクチン第一期追加接種(3回目接種)について

ページID:0025957 2022年6月20日更新 印刷ページ表示

新型コロナウイルスワクチンを2回接種した場合でも、接種後の時間の経過とともにワクチンの有効性や免疫原性が低下することが報告されています。このため、国の方針に基づき、感染拡大防止と重症化予防の観点から、ワクチンの効果を維持するための第一期追加接種(3回目接種)を実施します。

(目次)

各項目をクリックすると該当箇所に移動します。

1 第一期追加接種(3回目接種)の概要

  • 実施時期
  • 対象者
  • 使用するワクチン
  • 接種費用
  • 接種場所と予約方法

2 接種券発送スケジュール

3 接種券の様式

4 接種券が届かない場合

5 接種券を紛失・破損した場合

6 接種券の記載内容に誤りがある場合

7 その他

1 第一期追加接種(3回目接種)の概要

※国の審議会などの検討などにより内容が変更となる場合があります。

(1) 実施期間

令和3年12月1日~令和4年9月30日

(2) 対象者

新型コロナワクチンの追加接種(3回目接種)の対象は、以下を全て満たす人全員です。

  1. 2回目接種を完了した日から、一定の期間が経過した人(※1)
  2. 18歳以上の人
  3. 日本国内での初回接種(1回目・2回目接種)又は初回接種に相当する接種(※2)が完了している方
追加接種の予約枠に空きがあれば、一般の人も順次前倒しで3回目のワクチン接種を受けられるようになりました。対象は、以下のすべてを満たす人全員です。
  • 2回目接種を完了した日から、5か月以上が経過した方
  • 18歳以上の方
  • 日本国内での初回接種又は初回接種に相当する接種(※2)が完了している方

(※1)「一定の期間」は、それぞれ下記のとおりです。

対象 2021年12月~ 2022年2月 同年3月~ 同年5月25日~
 医療従事者などや高齢者施設などの入所者など 6か月

5か月
(前月より1か月短縮)

 その他の高齢者(65歳以上の方) 8か月 7か月 6か月
(前月より1か月短縮)
5か月
(前月より1か月短縮)
 64歳以下の方 8か月 6か月 5か月
(前月より1か月短縮)

(※2)次の人が、初回接種に相当する接種を受けた人となります。ただし、日本で薬事承認されている、ファイザー社ワクチン、武田/モデルナ社ワクチン、アストラゼネカ社ワクチンのいずれかを接種している場合に限ります。

  1. (ア)海外で2回接種した方
  2. (イ)海外在留邦人など向け新型コロナワクチン接種事業で2回接種した方
  3. (ウ)在日米軍従業員接種で2回接種した方
  4. (エ)製薬メーカーの治験などで2回接種した方

(3) 使用するワクチン

1回目・2回目に使用したワクチンの種類にかかわらず、メッセンジャーRNAワクチン(ファイザー社ワクチンまたは武田/モデルナ社ワクチン)を接種します。
※ファイザー社ワクチンは1、2回目の接種量と同量、武田/モデルナ社ワクチンは半量になります。

追加(3回目)接種に使用するワクチンについてのお知らせ(厚生労働省) [PDFファイル/468KB]

1・2回目のワクチンと異なる種類のワクチン接種(交互接種)について

国の資料では、3回目の接種後7日以内の副反応は、1・2回目と同じワクチンを接種しても、異なるワクチンを接種しても安全性の面で許容されるとされています。

また、2回目接種でファイザー社ワクチンを受けた人が、3回目でファイザー社ワクチンを受けた場合と、武田/モデルナ社ワクチンを受けた場合のいずれにおいても、抗体価が十分上昇することとされています。

詳しくは厚生労働省のホームページをご覧ください。

新型コロナワクチンQ&A「追加(3回目)接種ではどのワクチンが使用されますか。」(厚生労働省ホームページ)<外部リンク>

3回目接種の副反応について

ファイザー社製および武田/モデルナ社製のワクチンいずれの場合でも、2回目の接種後と比較して有害事象の発現傾向は概ね同様であると確認されています。

詳しくは厚生労働省のホームページをご覧ください。

新型コロナワクチンQ&A「追加(3回目)接種ではどのような副反応がありますか。」(厚生労働省ホームページ)<外部リンク>

 

(4) 接種費用

無料

(5) 接種場所と予約方法

3回目接種は、原則2回目接種した医療機関などでの接種をお願いします。

使用するワクチンは会場により異なります。

※ 集団接種は、6月19日で終了しました。

個別接種

  • 市内診療所および亀岡シミズ病院、ムツミ医院  ※ファイザー社ワクチン    
  • 亀岡市立病院、亀岡病院            ※武田/モデルナ社ワクチン
予約方法

実施医療機関に直接予約してください。

京都府・国が行う集団接種

京都府が行うモデルナワクチン接種に関する情報(追加接種(3回目接種))<外部リンク>

自衛隊による第3回目接種を目的とした大規模接種会場の設置について<外部リンク>

その他、また企業や大学などにおいて職域接種が実施されています。

2 接種券発送スケジュール

接種券発送予定日についてはこちら

3 接種券の様式

追加接種の接種券は、1・2回目接種と異なり、予診票と一体化したものをお送りします。

  • 追加接種の接種券は、予診票の右上に印字されています。
  • 1・2回目接種でお送りしたシール台紙に印字された接種券ではなくなります。
  • 予診票には、1・2回目の接種日と使用ワクチンが印字されています。

※接種券は、亀岡市に住民票がある2回目接種済みの方を対象に、住民票の所在地にお送りします。

4 接種券が届かない場合

他の自治体や海外で2回目の接種が終わった後に亀岡市に転入した人は、VRS(ワクチン接種記録システム)にて接種記録の確認が出来ないため、5カ月以上経過する人でも接種券が発行されません。接種券の発行に申請が必要になりますので、下記に該当する人は、市役所窓口または郵送で申請してください。

※接種券発送時期より前に申請した場合は、発送の時期に合わせて送付します。

3回目接種券の発行申請が必要な場合

  • 2回接種完了後に亀岡市に転入した場合
  • 国内で2回接種を終えているが接種記録の登録の誤りなどにより接種記録が確認できない場合
  • 海外で2回接種・海外での接種と国内での接種を組み合わせて2回接種した場合
  • 海外在留邦人など向け新型コロナワクチン接種事業で2回接種した場合
  • 在日米軍従業員接種で2回接種した場合
  • 製薬メーカーの治験などにおいて2回接種した場合

※上記はいずれも、ファイザー社、モデルナ社、アストラゼネカ社のワクチンを接種した場合に限ります。

申請方法

下記の必要書類を窓口または郵送でご提出ください。

【必要書類】

※接種券の発行には1・2回目の接種事実の確認が必要となりますので、接種事実を確認できる書類がない場合は、発行までにお時間をいただく場合があります。

  • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)の写し
  • 委任状 [PDFファイル/34KB]と被接種者および代理人の本人確認書類(本人と同一世帯ではない代理人の方が申請される場合に必要となります)

(窓口受付先)

  亀岡市役所1階 健康増進課(17番窓口)

  受付時間:平日8時30分~17時15分

【郵送申請の場合】

上記申請書に必要事項を記入の上、返信用封筒と返信用切手を同封して、亀岡市健康増進課まで郵送してください。

(郵送受付先)

  〒621-8501 亀岡市安町野々神8番地 

  亀岡市役所 健康増進課 宛

5 接種券を紛失・破損した場合

3回目接種券を紛失・破損した場合も再発行の申請が必要になります。

上記に示す申請書を提出してください。

※1・2回目の接種事実を確認できる書類(接種済証、接種記録書など)の添付は必要ございません。

6 接種券の内容に誤りがある場合

何らかの事情により接種記録に誤りがある、接種記録がない場合には、亀岡市健康増進課(0771-25-5004)までお問い合わせください。

7 その他

海外で接種を受けた方

海外・国内での接種を問わず、国内承認済みのワクチン(ファイザー社製、武田/モデルナ社製、アストラゼネカ社製)の接種回数に応じて、国内における残りの接種回数を決定します。

海外で接種した場合の残り回数の考え方(厚生労働省資料より) [PDFファイル/459KB]

 

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?
Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

亀岡市AIチャットボット