• ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通

tenki.jp 

総合トップ ホーム > 市政 > 施策・計画 > セーフコミュニティ > セーフコミュニティかめおか対策委員会

更新日:2017年6月13日

ここから本文です。

セーフコミュニティかめおか対策委員会を紹介します

対策委員会とは

亀岡市では、市内で発生しているけがや事故の現状および課題などから、スポーツの安全、交通安全、防犯、自殺対策、乳幼児の安全、高齢者の安全の6つの対策委員会を設置し、市民の皆さんとともに安全・安心なまちづくりを進めています。

スポーツの安全対策委員会

設置経緯

・救急搬送や外傷発生件数の上位に運動競技中のケガがある。

委員(11人)

京都学園大学、スポーツ少年団、スポーツ推進委員、亀岡市体育協会、中学校長会、京都パープルサンガ、亀岡市

プログラム

・スポーツ安全教育プログラム(スポーツ講習会、スポーツ健診などを実施)

      (スポーツ研修会)            (子どものケガ予防ガイドの作成)

スポーツ研修会

    ケガ予防ガイド

交通安全対策委員会

設立経緯

・交通事故発生件数は、年間約500件以上、負傷者は約600人前後、死亡事故も毎年数件発生している。

・救急搬送データによると、外傷の約45%が交通事故となっている。

委員(13人)

(株)楠新聞舗、亀岡交通安全協会、亀岡地域交通安全活動推進員連絡協議会、亀岡市老人クラブ連合会、

自転車交通安全指導員、小学校長会、中学校長会、亀岡警察署、京都府、亀岡市

プログラム

・高齢者交通事故防止プログラム(啓発活動、交通安全マップの作成などを実施)

・反射材普及プログラム(反射材貼付活動などを実施)

・高齢者運転免許証自主返納プログラム

・自転車安全利用教育プログラム(自転車マナーアップ啓発活動や自転車大会などを実施)

       (自転車大会)             (反射材作成ワークショップ)

自転車大会

  反射材ワークショップ

防犯対策委員会

設立経緯

・街頭犯罪認知件数をみると、2009年までは減少傾向にあったが、2010年に増加に転じている。

委員(12人)

亀岡防犯推進委員連絡協議会、亀岡市青少年育成地域活動協議会、並河駅前防犯ステーション会議、

小学校長会、中学校長会、京都学園大学、亀岡警察署、京都府、亀岡市

プログラム

・固定防犯カメラ設置プログラム(駅前等に防犯カメラを設置)

・ドライブレコーダー活用プログラム(ドライブレコーダーを活用したまちの見守りを実施)

・府民協働防犯ステーション促進プログラム(交番・駐在所での防犯活動の実施)

    (防犯カメラの設置)            (まちの見守り協定)

防犯カメラ

  協定式

 

 

自殺対策委員会

設立経緯

・外傷による死亡原因で最も多いのは自殺となっている。

・外傷による死亡原因をみると、ほとんどの年齢層において自殺が1位となっている。

委員(17人)

京都文教大学、亀岡市医師会、亀岡市薬剤師会、京都司法書士会、亀岡市民生委員児童委員協議会、

亀岡市地域包括支援センター、亀岡市社会福祉協議会、亀岡市障害者相談支援センター、

亀岡市生活総合支援センター、亀岡警察署、京都府、亀岡市

プログラム

・精神保健福祉支援を中心とした自殺防止・孤立防止への相談対応

・多重債務解決支援プログラム

・相談窓口啓発プログラム(ゲートキーパー養成研修や啓発活動などを実施)

        (こころの体温計)                (ゲートキーパー研修)

こころの体温計

  ゲートキーパー研修

 

乳幼児の安全対策委員会

設立経緯

・年齢階層別外傷発生頻度によると、4歳以下の割合が特に多くなっている。

委員(10人)

亀岡市民生委員児童委員協議会、京都第一赤十字病院、亀岡子育てネットワーク、

亀岡市子育て支援センター、亀岡幼稚園、亀岡市立保育所、京都府、亀岡市

プログラム

・乳幼児保護者向け安全教育プログラム(啓発パンフレット・ポスターを作成)

・セーフスクールの推進

  (パンフレット・ポスターの作成)           (保護者向け安全教育)

パンフレット  安全教育

高齢者の安全対策委員会

設立経緯

・2010年には高齢化率が20%を超え、その後もさらに高齢化が進んでいる。

・高齢者10万人あたりの負傷者数は、年々増加している。

・高齢者の71%が、日常生活に対して不安を感じている。

委員(13人)

京都学園大学、千歳町自治会、篠町自治会、亀岡市地区社会福祉協議会、亀岡市老人クラブ連合会、

亀岡市民生委員児童委員協議会、亀岡市地域包括支援センター、京都府、亀岡市

プログラム

・高齢者運動介入プログラム(体操教室や体力測定などを実施)

・命のカプセルプログラム(救急時に必要な情報が入ったカプセルを設置)

・認知症高齢者徘徊早期発見プログラム(認知症等高齢者の事前登録制度などを実施)

      (元気アップ体操教室)           (認知症等高齢者の事前登録制度)

   事前登録制度元気アップ教室

 

 

お問い合わせ

総務部自治防災課セーフコミュニティ係

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5097

FAX:0771-24-5501

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る