• かめおかプラスチックごみゼロ宣言
  • ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • マイナンバーについて
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通
  • 職員募集
  • 上下水道部
  • 亀岡市消防団

tenki.jp 

総合トップ ホーム > くらし・環境 > 移住・定住 > 移住・定住関係イベント

更新日:2020年6月25日

ここから本文です。

移住・定住関係イベント

【令和2(2020)年7月31日開催】京都丹波・移住の入り口探し編~移住って、なにからはじめるの?~【オンラインセミナー】

こんな人におすすめです!

  • 「移住」について具体的に何から始めたらいいのか分からない!
  • 自分に合った地域はどこなのか知りたい!
  • 移住先での「仕事」や「住まい」をどんなふうに探したらいいのか知りたい!
  • 自然が身近な場所でのびのび子育てをしたい!
  • 地域コミュニティへの関わり方を知りたい!実際に地域を訪れてみたい!

日時

令和2(2020)年7月31日(金曜日)午後7時30分~8時30分(オンライン開場:午後7時15分~)

※途中入場・退出も可能です。申し込み時にお知らせください。

場所

オンライン会議システムZoom上

※申込後、開催日の2日前までに登録いただいたメールアドレス宛に会場のリンク先をお送りします。

定員

10人(先着順)

参加費

無料

申し込み

京都府移住情報サイト(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)から申し込んでください。

セミナーの内容

  1. 移住のステップについてご紹介
  2. 「あなたが望む田舎はどこ?」診断
  3. 亀岡市・南丹市・京丹波町の地域概要やライフスタイルをご紹介
  4. 市町職員とのフリートーク

当日進行

高橋 博樹(たかはし ひろき)(南丹市まちづくりデザインセンター・センター長)

大学・大学院で建築を学び、神戸の建築・都市計画の会社に就職。阪神淡路大震災の復興プロジェクトなどに従事。結婚直後に脱サラし、木工職人を目指す。南丹市の職人学校での修業後2006年に独立。同時に若手職人が活躍できる社会づくりのためNPO法人京都匠塾を設立。地域活動団体への支援が地域の活性化につながり、次の世代に喜ばれる社会が生み出せると考え、中間支援を行うNPO法人テダス(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)を2012年に設立。木工職人としての自分自身の事業も株式会社化。2児の父。

主催

京都府南丹広域振興局、亀岡市、南丹市、京丹波町

共催:京の田舎ぐらし・ふるさとセンター

【令和2(2020)年2月22・23日開催】亀岡の暮らしに触れる移住体験ツアー(終了しました)

ツアーの様子は京都移住計画ホームページ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)をご覧ください。

20200222-23_タイトル

亀岡の暮らしを訪ねる1泊2日

JR京都駅から快速電車で20分。ほどよい便利さと、ほどよい自然に囲まれた人口およそ89,000人のまち。ここから近くの都市部へ通勤・通学するひと、この場所で先祖代々のお店を営むひと、静かな環境で陶芸や木工などのものづくりに励むひと、あらたに移住してくるひと、それぞれがそれぞれのペースでのんびり・ゆっくり暮らしています。いまでも古い町並みや文化が残る城下町、まちを囲むなだらかな山々、そして、ゆうゆうと流れる保津川。そんな、亀岡ならではのゆったりとした暮らしに触れる移住体験ツアーです!

亀岡市の1年

春_桜

春:「桜」桜並木を眺めながらのほほんピクニックは最高です!

夏_花火

夏:「花火」地元っ子だけが知っている、おすすめ鑑賞スポット。

秋_亀岡祭

秋:「亀岡祭」3日間に渡る秋のお祭り。11基の山鉾は必見です!

冬_霧

冬:「霧」数メートル前が見えなくなってしまうほど、真っ白。

亀岡市の概要

人口:おおよそ89,000人

面積:おおよそ225平方km

主な産業:卸売業、小売業、建設業、製造業、宿泊業などなど

特産品:京野菜、お米、亀岡牛、丹波大納言小豆などなど

主要観光:嵯峨野トロッコ列車、保津川下り、湯の花温泉

実は、水道水がおいしいです!

ツアー概要

開催日程

令和2(2020)年2月22日(土曜日)~23日(日曜日)

集合場所

JR亀岡駅南口ロータリー

参加対象

亀岡市への移住を検討している人 3組(宿泊施設の関係で5人まで1組、3人まで1組、2人まで1組)

宿泊場所

亀岡市移住・定住促進施設「離れ」にのうみ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

参加費用

「離れ」にのうみ宿泊費+昼食代(2食)とパン代の実費(3,500円程度)

※宿泊費は宿泊される部屋と人数によって変わります。次の表をご確認ください。

【利用料金表・1人あたり、単位:円】

「離れ」にのうみ移住体験利用料金表

※未就学のお子さまは宿泊費不要です。

当日のスケジュール

1日目

午前11時00分 JR亀岡駅南口ロータリーに集合

午前11時20分 先輩移住者・大谷さんのお店「saji(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)」にて昼食

  • 自己紹介
  • あなたが望む田舎はどこ?診断
  • 亀岡市の概要紹介

午後1時30分 空き家バンク登録物件見学(1,2軒)

午後4時30分 先輩移住者・山本さんのお店「薪窯パンふくくる(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)」を訪問

※パンの購入を予定しています。

午後5時30分 近くのスーパーを訪問後、解散

2日目

午前9時30分 それぞれで朝食を済ませていただき、チェックアウト

午前10時00分 古民家をリノベーション中の先輩移住者・綿引さんのお家を見学

午前11時30分 亀岡市のアート発信拠点「KIRI CAFE(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)」にて昼食

  • 「かめおか霧の芸術祭」や環境の取り組みなどを紹介

午後1時00分 地域散策

午後3時00分 参加者の皆さんから感想などをいただいた後、解散

※スケジュールは変更する可能性があります。

主催

亀岡市

企画協力:株式会社ツナグム(京都移住計画)

【令和2(2020)年2月15日開催)京都府移住・交流フェア in 秋葉原(終了しました)

内容

京都移住コンシェルジュと府内市町による移住・交流フェアを開催します。就職や就農などの相談もできます。

詳細はチラシ(表)(PDF:242KB)(別ウィンドウで開きます)チラシ(裏)(PDF:271KB)(別ウィンドウで開きます)をご覧ください。

移住セミナー

PART 1(午後1時30分~2時)「株式会社 坂ノ途中~京都ではたらき・くらす~」

ゲスト:小野 邦彦 (おの くにひこ)さん((株)坂ノ途中(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)代表取締役)

奈良県生まれ。京都大学総合人間学部卒業。学生時代はアンティーク着物にハマったり、休学してアジア圏へ旅行するなど好きなことに取り組む中で、専攻していた文化人類学の奥深さに気づき、ラスト1年だけちゃんと勉強する。そんな中、自分が本当にしたいことは人と自然環境との関係性を問い直すことなのだと思い至り、農業系で起業することを決める。2年余りの東京での修業期間を経て、2009年に学生時代を過ごした京都に戻り株式会社坂ノ途中を設立。

PART 2(午後3時~3時30分)「UIターンして始めた地域プロジェクト!」

ゲスト1:市瀬 拓哉(いちのせ たくや)さん(NPO法人地球デザインスクール理事)

東京農業大学地域環境科学部卒業。2009年に丹後に移住。NPO法人地球デザインスクールにて、環境教育プログラム、キャンプ事業、森林計画・整備に携わる。2014年より地域交流イベント「mixひとびとtango」を開催。2019年に森林空間デザイン・野外体験事業・自然産品販売を手がける「andon(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)」を創業。自然や地域をおもしろがれる人が増えることが楽しみの一つ。

ゲスト2:坂本 真由美(さかもと まゆみ)さん(まちを楽しむチーム「KOKIN(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)」デザイン担当)

大阪で長らくデザイナーをしていたが、体調を崩しUターン。リハビリがてら西舞鶴の街を歩き回っているうちに、まちを楽しみ・発信するローカルチーム「KOKIN]が運営する日替わり店長のカフェ「FLAT+」に出入りするように。気がついたらKOKINメンバーに加わっており、現在に至る。KOKINのデザイン担当として地元の魅力を表現している。

個別相談(午後0時30分~5時)

  1. 移住相談(亀岡市も出展します)

亀岡市、京丹波町、京都市、宮津市、京丹後市、伊根町、福知山市、舞鶴市、綾部市、京都府移住総合案内(京都移住コンシェルジュ)

  1. 就職・就農などの相談
  • 京都ジョブパークUIJターンコーナー(就職相談)
  • 農林水産業ジョブカフェ(就農相談)
  • 京都北部プロジェクト紹介ブース

日時

令和2(2020)年2月15日(土曜日)午後0時30分~5時

場所

秋葉原UDX(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)カンファレンス Room ABC(東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX南ウィング6F)

入場無料、入退場自由、飛入参加歓迎、キッズスペース有

主催

京都府、京の田舎ぐらし・ふるさとセンター

【令和2(2020)年1月15日開催】移住って、なにからはじめるの?~京都丹波・移住の入り口探し編~@大阪(終了しました)

こんな人におすすめです!

  • 「移住」について具体的に何から始めたらいいのか分からない!
  • 自分に合った地域はどこなのか知りたい!
  • 川遊びや雪遊びなど、自然が身近な環境でのびのび子育てをしたい!
  • 移住先での「仕事」や「住まい」をどんなふうに探したらいいのか知りたい!
  • 地域コミュニティへの関わり方を知りたい!実際に地域を訪れてみたい!

日時

令和2(2020)年1月15日(水曜日)午後7時~9時(受け付け:午後6時30分~)

場所

グンゼ大阪本社内会議室(大阪市北区梅田2-5-25ハービスOSAKAオフィスタワー22階)

内容

  1. 移住のステップについてご紹介
  2. あなたが望む田舎はどこ?診断
  3. 亀岡市・南丹市・京丹波町の地域概要やライフスタイルをご紹介
  4. 市町職員とのフリートーク

主催

京都府南丹広域振興局、亀岡市、南丹市、京丹波町、京の田舎ぐらし・ふるさとセンター

企画協力:京都移住コンシェルジュ

【2019年12月8日開催】京都府・田舎ぐらし相談会@イオンモールKYOTO(終了しました)

京都移住コンシェルジュと府内14市町村による移住・交流フェアを開催!就職・就農などの相談もできます!

詳細については京都府移住情報サイト(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)をご覧ください。

日時

令和元(2019)年12月8日(日曜日)午前11時~午後5時

場所

イオンモールKYOTO(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます) Sakura館4階 Kotoホール(京都市南区西九条鳥居口町1番地)

内容

1「個別相談コーナー」

地域のこと、住まいのこと、先輩移住者のことなど、移住関連のご相談に幅広くお応えします。

2「移住セミナー」

Part1:午前11時30分~正午「丹後に住んで見つけた、私の居場所」小林 朝子さん(丹後暮らし探求舎 移住相談員)

Part2:午後1時~2時「田舎に住む、働く、子育てする」水田 ウタコさん(綾部市from大阪府)

Part3:午後3時~3時30分「住みたい地域の選び方」藤田 始史さん(笠置町地域おこし協力隊)

主催

京の田舎ぐらし・ふるさとセンター

共催:京都府

企画協力:京都移住計画、大阪ふるさと暮らし情報センター

【令和元年11月10日開催】いなか暮らし見学ツアー~UIターン・子育て・古民家ゲストハウスを知る編~@京都府亀岡市(終了しました)

マイルドな「いなか暮らし」を知り、体験する1日。

◎どんなことをするの?

  1. 古民家ゲストハウス「Bishamon House(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)」の見学、先輩移住者さんの体験談を聞く
  2. 地域のアート拠点「KIRI CAFE(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)」で軽食をいただく
  3. 地元の人との交流・「丹波七福神宝船まつり2019(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)」を見学

こんな人におすすめ!

  • 亀岡市千歳町での暮らしを知り、地域の人と交流したい!
  • 自然に近い環境で、季節を感じながら暮らしたい!
  • 地域のつながりを大切にしながら子どもを育てたい!
  • 若い先輩移住者やIターンの人が身近にいる地域に住みたい!
  • 1日かけてゆっくり移住先を訪れたい!

日時

令和元年11月10日(日曜日)午前10時30分~午後3時

集合場所・時間

お車の人

午前10時30分 KIRI CAFE駐車場(KIRI CAFE:京都府亀岡市千歳町毘沙門向畑39番地)

電車の人

午前10時20分 JR亀岡駅北口

(JR嵯峨野線:午前9時58分京都駅発→亀岡駅午前10時17分着)

 主催

京都府南丹広域振興局、亀岡市、京の田舎ぐらし・ふるさとセンター

企画協力:京都移住コンシェルジュ

【令和元年9月28日開催】京都府移住・交流フェア in 大阪(終了しました)

大阪で、京都府内14市町が一堂に会する移住・交流フェアを開催します。

詳細についてはチラシ(PDF:2,224KB)(別ウィンドウで開きます)をご覧ください。

日時

令和元年9月28日(土曜日)午前11時~午後5時

場所

梅田スカイビル(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます) タワーイースト36階

(大阪市北区大淀中1丁目1番88号)

内容

個別相談コーナー

移住相談ブース

亀岡市、京都市、宮津市、京丹後市、伊根町、与謝野町、福知山市、舞鶴市、綾部市、南丹市、京丹波町、木津川市、宇治田原町、和束町、京都府移住総合案内(京都移住コンシェルジュ)

支援機関ブース

京都ジョブパークUIJターンコーナー、農林水産業ジョブカフェ、きょうと婚活応援センター

移住セミナー

PART 1「ローカルシフト~自分らしく生きる場所を求めて~」

ゲスト:田村 篤史さん(京都移住計画/(株)ツナグム代表)

PART 2「緑豊かな町で里山保育!子育て移住」

ゲスト:若林武・純 夫妻(宇治田原町from大阪)

PART 3「ライフスタイルを語ろう会」

ゲスト:地域ゲスト4人(北部地域:宮津市、京丹後市)

主催

京都府、京の田舎ぐらし・ふるさとセンター

企画協力:京都移住計画、大阪ふるさと暮らし情報センター

【令和元年9月11日開催】里山ではじめた仕事と暮らし。~web・通訳・ゲストハウス~@京都市(終了しました)

こんな人におすすめです!

  • 実際に移住された人の体験談、暮らしや仕事の話を聞きたい!
  • 自身のスキルを活かして、複業・兼業スタイルで働きたい!
  • 農家民宿やゲストハウスの開業、畑仕事に興味がある!
  • 地域コミュニティへの関わり方を知りたい!地域を訪れてみたい!
  • 自然に近い環境で四季の訪れを感じながら日々の生活をおくりたい。
  • 大阪市や京都市近郊でいなか暮らしを考えたい。

日時

令和元年9月11日(水曜日)午後7時~9時(受け付け:午後6時30分~)

場所

とびら(京都市下京区室町通綾小路上る鶏鉾町480番地オフィスワン四条烏丸13階)

阪急烏丸駅、地下鉄四条駅から徒歩1分

内容

  1. 京都丹波地域についてのご紹介
  2. ゲストスピーカーのお話
  3. 参加者と移住コンシェルジュ・市町職員とのフリートーク

ゲストスピーカー

東裏晶子さん・ドワイヤーはづきさん

南丹市日吉町へ移住し、「つむぎ」という団体を立ち上げ、『楽しい移住』という冊子を作られたお二人。

東裏さんは、WEBや広告関係のお仕事と、ゲストハウス「GOMA」の運営をされています。

ドワイヤーさんは、通訳・翻訳・リサーチ業の傍ら、田んぼや畑を耕しています。

当日進行

高橋 博樹(たかはし ひろき)(南丹市まちづくりデザインセンター・センター長)

大学・大学院で建築を学び、卒業後神戸の建築・都市計画の会社に就職。阪神淡路大震災の復興プロジェクトなどに従事。結婚直後に脱サラし、木工職人を目指す。南丹市の職人学校での修業後2006年に独立。同時に若手職人が活躍できる社会づくりのためNPO法人京都匠塾を設立。地域活動団体への支援が地域の活性化につながり、次の世代に喜ばれる社会が生み出せると考え、中間支援を行うNPO法人テダス(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)を2012年に設立。木工職人としての自分自身の事業も株式会社化。2児の父。

並河 杏奈(なみかわ あんな)(京都移住コンシェルジュ)

1993年亀岡市生まれ。訪日外国人向けWEBマガジン「MATCHA」ライター。関西大学政策創造学部卒業後、京都の小さなまちづくり会社で商店街活性化事業や地域暮らしに興味がある若者向けのイベント企画、WEBを中心としたメディアで取材・執筆などを行う。これまで国内外で出会ってきた友人に、京都暮らしの魅力を届けたいという思いで京都移住コンシェルジュに。

主催

京都府南丹広域振興局、亀岡市、南丹市、京丹波町、京の田舎ぐらし・ふるさとセンター

共催:大阪ふるさと暮らし情報センター

企画協力:京都移住コンシェルジュ

【令和元年8月7日開催】仕事も、家も、暮らしもつくる。~身近に「つくる」がある暮らし~(終了しました)

こんな人におすすめです!

  • 実際に移住された人の暮らしや仕事の話を聞きたい。
  • 地域で新たなプロジェクトをはじめてみたい。
  • 古民家のリノベーションに興味がある。
  • 地域コミュニティへの関わり方を知りたい。地域を訪れてみたい。
  • 自然に近い環境で四季の訪れを感じながら日々の生活をおくりたい。
  • 大阪や京都市近郊でいなか暮らしを考えたい。

日時

令和元年8月7日(水曜日)午後7時~9時(受け付け:午後6時30分~)

場所

グンゼ大阪本社内会議室(大阪市北区梅田2-5-25 ハービスOSAKAオフィスタワー(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)22階)

内容

  1. 京都丹波地域についてのご紹介
  2. ゲストスピーカー綿引さんの暮らしやお仕事のお話
  3. グループに分かれてのフリートーク

ゲストスピーカー

綿引 恒平(わたひき こうへい)さん(陶芸家、こどもアトリエてくてく(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)主宰)

綿引さんは、芸術大学の大学院を卒業後、作家活動ができる環境を求めて2006年春に亀岡市へ移住。2012年、幼児から中高生のこどもたちが通う造形教室「こどもアトリエてくてく」をパートナーの真悠子さんと自始める。地域とアートの関係を結ぶプロジェクトを亀岡市内をはじめ多数開催。2019年から自宅兼アトリエ兼ギャラリーとなる予定の古民家リノベーションがスタート、地域の方や仲間たちと一緒に楽しみながら家づくりを実践中。

主催

京都府南丹広域振興局、亀岡市、南丹市、京丹波町、京の田舎ぐらし・ふるさとセンター

共催:大阪ふるさと暮らし情報センター

企画協力:京都移住コンシェルジュ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市長公室ふるさと創生課婚活・定住支援係

電話番号:0771-25-5060

FAX:0771-22-6372

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る