• かめおかプラスチックごみゼロ宣言
  • ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • マイナンバーについて
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通
  • 職員募集
  • 上下水道部
  • 亀岡市消防団

tenki.jp 

総合トップ ホーム > くらし・環境 > 移住・定住 > 移住・定住関係イベント

更新日:2021年2月15日

ここから本文です。

移住・定住関係イベント

【令和3(2021)年3月6日(土曜日)開催】京都丹波・移住の入り口探し編~移住ってなにからはじめるの?~

こんな人におすすめです!

  • そろそろ移住について考えたい
  • いつか自然豊かな環境で暮らしたい
  • のびのび子育てができる場所を探したい

日時

令和3(2021)年3月6日(土曜日)午後2時~3時(オンライン開場午後1時55分~)

※途中入場・退出も可能です。申し込み時におしらせください。

場所

オンライン会議システムZoom上

※お申し込み後、開催日までに登録いただいたメールアドレス宛にZoom会場のリンク先をお送りします。

定員

15人(先着順)

※お申し込みが必要です。

参加費

無料

お申込み

京都府移住情報サイト(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)からお申込みください。

セミナーの内容

  1. 移住のステップについてご紹介
  2. 『あなたが望む田舎はどこ?』診断
  3. 亀岡市・南丹市・京丹波町の地域概要やライフスタイルをご紹介
  4. 市町職員とのフリートーク

当日進行

高橋 博樹(たかはし ひろき)(南丹市まちづくりデザインセンター・センター長)

大学・大学院で建築を学び、神戸の建築・都市計画の会社に就職。阪神淡路大震災の復興プロジェクトなどに従事。結婚直後に脱サラし、木工職人を目指す。南丹市の職人学校での修業後2006年に独立。同時に若手職人が活躍できる社会づくりのためNPO法人京都匠塾を設立。地域活動団体への支援が地域の活性化につながり、次の世代に喜ばれる社会が生み出せると考え、中間支援を行うNPO法人テダス(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)を2012年に設立し、南丹市まちづくりデザインセンターを運営。2児の父。

主催

京都府南丹広域振興局、亀岡市、南丹市、京丹波町

共催:京の田舎ぐらし・ふるさとセンター

【令和3(2021)年1月29日(金曜日)開催】「トカイナカ」亀岡での暮らし~都会での仕事・子育て・新規就農~(終了しました)

こんな人におすすめです!

  • 実際に移住された人の体験談、暮らしや仕事の話を聞きたい!
  • 自身のスキルを活かして、複業・兼業スタイルで働きたい!
  • 地域を盛り上げる仕事に興味がある!
  • 地域コミュニティへの関わり方を知りたい!地域を訪れてみたい!
  • 自然に近い環境で四季の訪れを感じながら日々の生活をおくりたい!
  • 大阪市や京都市近郊でいなか暮らしを考えたい!

日時

令和3(2021)年1月29日(金曜日)午後7時30分~8時40分

場所

オンライン会議システムZoom上

セミナーの内容

  1. 京都丹波地域についてのご紹介
  2. ゲストスピーカー宮前さんの暮らしや仕事、Iターンのお話
  3. ゲストスピーカー、市町職員とのフリートーク

ゲストスピーカー

宮前 裕太(みやまえ ゆうた)さん・利江子(りえこ)さん 宮前農園のインスタ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)
裕太さんは1982年生まれ、京都市出身。利江子さんは神戸市出身。2019年3月に亀岡市保津町に移住され、裕太さんは近隣の亀岡市旭町でイチゴ栽培に取り組まれています。「京都産のイチゴを作りたい」という強い信念のもと、3棟のビニールハウスで「あきひめ」「紅ほっぺ」2種類約1万株の収穫・パック詰めから出荷まで、すべて一人で作業しておられます。現在育児休業中の利江子さん、3歳と生後8ケ月の娘さんお二人の4人家族です。利江子さんは、都会に近い田舎(トカイナカ)を活かし、育休復帰後は京都市内の職場へ通勤予定です。アウトドアが共通の趣味のお二人は、歩いて数分の山へトレランに行くなど移住後のライフスタイルを満喫しています。当日は、移住・就農のきっかけやイチゴ栽培の醍醐味、トカイナカでの育児のことなどを、ざっくばらんにお話しいただく予定です。

当日進行

高橋 博樹(たかはし ひろき)(南丹市まちづくりデザインセンター・センター長)

大学・大学院で建築を学び、神戸の建築・都市計画の会社に就職。阪神淡路大震災の復興プロジェクトなどに従事。結婚直後に脱サラし、木工職人を目指す。南丹市の職人学校での修業後2006年に独立。同時に若手職人が活躍できる社会づくりのためNPO法人京都匠塾を設立。地域活動団体への支援が地域の活性化につながり、次の世代に喜ばれる社会が生み出せると考え、中間支援を行うNPO法人テダス(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)を2012年に設立し、南丹市まちづくりデザインセンターを運営。2児の父。

主催

京都府南丹広域振興局、亀岡市、南丹市、京丹波町

共催:京の田舎ぐらし・ふるさとセンター

【2020年12月5日(土曜日)開催】京都府移住・交流フェア@オンライン2020(終了しました)

オンライン上で、先輩移住者によるセミナーや、京都府内15市町村による個別相談会や座談会を開催します。

日時

令和2(2020)年12月5日(土曜日)午後0時30分~午後4時

場所

オンライン会議システムZOOM上

内容

「移住セミナー」午後0時30分~1時45分

Part1「京都移住のイロハ~移住って何から始めるの?~」

地域のこと、住まいのこと、先輩移住者のことなど、移住関連のご相談に京都移住コンシェルジュがお応えします。

Part2「自然と共に生きる、田舎暮らし~空き家改修から自分のお店を開くまで~」

先輩移住者 増茂 友美さんのお話
宮城県出身。長野県安曇野市から京都府福知山市へ移住。造園業を営む夫と小学生の息子の3人家族。「自然豊かな環境で子育てをしたい」という思いから農山村地域の大江町で暮らしている。2019年8月まちなかの空き店舗をDIYで改装し、自然食品、自然素材の衣類や雑貨を取り扱うお店『tomtom natural market』を開業した。お店2階のレンタルスペースを活用して展示会、上映会、お話会などの人の集まる居場所作りや「自然環境を育むことで、人も育まれる」という自らの考えを伝える場所として「大地の再生」講座や「竹伐り塾」ワークショップなどのイベントも多数展開中。

市町村別座談会・京都ジョブパークによるセミナー・座談会 午後2時~4時

亀岡市の座談会ゲスト:松本 優希美さん
岡山県倉敷市出身。沖縄県や大阪市を経て2018年亀岡市に移住。ご家族はご夫婦と亀岡に来られてから生まれた男の子の3人家族。子育てに三線教室の開講、畑仕事などなど、忙しくも楽しいトカイナカ生活を満喫中!
オンライン三線教室(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

市町村個別相談会 午後1時~4時

主催

主催:京都府

共催:京の田舎ぐらし・ふるさとセンター

【令和2(2020)年11月15日(日曜日)開催】京都丹波・いなかの暮らしと働き方【オンラインセミナー】(終了しました)

こんな人におすすめです!

  • 実際に移住された人の体験談、暮らしや仕事の話を聞きたい!
  • 自身のスキルを活かして、複業・兼業スタイルで働きたい!
  • 地域を盛り上げる仕事に興味がある!
  • 地域コミュニティへの関わり方を知りたい!地域を訪れてみたい!
  • 自然に近い環境で四季の訪れを感じながら日々の生活をおくりたい!
  • 大阪市や京都市近郊でいなか暮らしを考えたい!

日時

令和2(2020)年11月15日(日曜日)午前10時~11時10分

 

場所

オンライン会議システムZoom上

セミナーの内容

  1. 京都丹波地域についてのご紹介
  2. ゲストスピーカー石田さんの暮らしや仕事、Iターンのお話
  3. ゲストスピーカー、市町職員とのフリートーク

ゲストスピーカー

石田 広幸(ひしだ ひろゆき)さん
1977年生まれ、大阪市出身。2018年2月に長野県から京丹波町竹野へ移住し、現在は京都府立須知高など学校で実習助手として食品化学科にて農業生産、食品製造、販売・流通までを生徒と一緒に取り組んでいます。“自然豊かな環境で子育てがしたい”、“地域と連携した取り組みをしている小学校を探したい” と移住候補先を探していたところ、京丹波町へ移住した知人の方から「竹野小学校」をすすめられ、地域を訪問。先生と子ども、地域がとても近い印象だったことが、移住の決め手となりました。当日は、移住のきっかけや候補地の探し方、移住後の暮らしについて、ざっくばらんに体験談をお話いただく予定です!

当日進行

高橋 博樹(たかはし ひろき)(南丹市まちづくりデザインセンター・センター長)

大学・大学院で建築を学び、神戸の建築・都市計画の会社に就職。阪神淡路大震災の復興プロジェクトなどに従事。結婚直後に脱サラし、木工職人を目指す。南丹市の職人学校での修業後2006年に独立。同時に若手職人が活躍できる社会づくりのためNPO法人京都匠塾を設立。地域活動団体への支援が地域の活性化につながり、次の世代に喜ばれる社会が生み出せると考え、中間支援を行うNPO法人テダス(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)を2012年に設立し、南丹市まちづくりデザインセンターを運営。2児の父。

主催

京都府南丹広域振興局、亀岡市、南丹市、京丹波町

共催:京の田舎ぐらし・ふるさとセンター

【令和2(2020)年10月30日(金曜日)開催】京都丹波・いなかの暮らし方と働き方~複数のなりわいを持つ『複業』を知る編~【オンラインセミナー】(終了しました)

こんな人におすすめです!

  • 実際に移住された人の体験談、暮らしや仕事の話を聞きたい!
  • 自身のスキルを活かして、複業・兼業スタイルで働きたい!
  • 地域を盛り上げる仕事に興味がある!
  • 地域コミュニティへの関わり方を知りたい!地域を訪れてみたい!
  • 自然に近い環境で四季の訪れを感じながら日々の生活をおくりたい!
  • 大阪市や京都市近郊でいなか暮らしを考えたい!

日時

令和2(2020)年10月30日(金曜日)午後7時30分~8時40分

場所

オンライン会議システムZoom上

セミナーの内容

  1. 京都丹波地域についてのご紹介
  2. ゲストスピーカー古北さんの暮らしや仕事、Uターンのお話
  3. ゲストスピーカー、市町職員とのフリートーク

ゲストスピーカー

古北 真里(こぎた まり)さん(つなガール美山代表)

子どもと一緒に川に飛び込むママ。子ども時代は自然が遊び場!近所の子たちと真夏でも冷涼な美山の川で遊び、体が冷えたらカンカン照りの太陽で熱せられたアスファルトで体を暖め、再び川へ飛び込んでいたのだとか。大学進学とともに地元を離れたが、幼少期の楽しかった思い出から「生きていくいろんなことを学んだ気がする」と、子育ての環境を最優先させUターン。現在は子育てをしながら、地域を支える存在に。

当日進行

高橋 博樹(たかはし ひろき)(南丹市まちづくりデザインセンター・センター長)

大学・大学院で建築を学び、神戸の建築・都市計画の会社に就職。阪神淡路大震災の復興プロジェクトなどに従事。結婚直後に脱サラし、木工職人を目指す。南丹市の職人学校での修業後2006年に独立。同時に若手職人が活躍できる社会づくりのためNPO法人京都匠塾を設立。地域活動団体への支援が地域の活性化につながり、次の世代に喜ばれる社会が生み出せると考え、中間支援を行うNPO法人テダス(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)を2012年に設立し、南丹市まちづくりデザインセンターを運営。2児の父。

主催

京都府南丹広域振興局、亀岡市、南丹市、京丹波町

共催:京の田舎ぐらし・ふるさとセンター

【令和2(2020)年10月3日(土曜日)開催】京都丹波・移住の入り口探し編~移住って、なにからはじめるの?~【オンラインセミナー】(終了しました)

こんな人におすすめです!

  • 「移住」について具体的に何から始めたらいいのか分からない!
  • 自分に合った地域はどこなのか知りたい!
  • 「仕事」や「住まい」をどんなふうに探したらいいのか知りたい!
  • 自然が身近な場所でのびのび子育てをしたい!
  • 地域コミュニティへの関わり方を知りたい!
  • 実際に地域を訪れてみたい!

日時

令和2(2020)年10月3日(土曜日)午後2時~3時(オンライン開場:午後1時45分~)

※途中入場・退出も可能です。申し込み時にお知らせください。

場所

オンライン会議システムZoom上

セミナーの内容

  1. 移住のステップについてご紹介
  2. 「あなたが望む田舎はどこ?」診断
  3. 亀岡市・南丹市・京丹波町の地域概要やライフスタイルをご紹介
  4. 市町職員とのフリートーク

当日進行

高橋 博樹(たかはし ひろき)(南丹市まちづくりデザインセンター・センター長)

大学・大学院で建築を学び、神戸の建築・都市計画の会社に就職。阪神淡路大震災の復興プロジェクトなどに従事。結婚直後に脱サラし、木工職人を目指す。南丹市の職人学校での修業後2006年に独立。同時に若手職人が活躍できる社会づくりのためNPO法人京都匠塾を設立。地域活動団体への支援が地域の活性化につながり、次の世代に喜ばれる社会が生み出せると考え、中間支援を行うNPO法人テダス(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)を2012年に設立。木工職人としての自分自身の事業も株式会社化。2児の父。

主催

京都府南丹広域振興局、亀岡市、南丹市、京丹波町

共催:京の田舎ぐらし・ふるさとセンター

【令和2(2020)年9月4日(金曜日)開催】京都丹波・移住の入り口探し編~移住って、なにからはじめるの?~【オンラインセミナー】(終了しました)

こんな人におすすめです!

  • 「移住」について具体的に何から始めたらいいのか分からない!
  • 自分に合った地域はどこなのか知りたい!
  • 「仕事」や「住まい」をどんなふうに探したらいいのか知りたい!
  • 自然が身近な場所でのびのび子育てをしたい!
  • 地域コミュニティへの関わり方を知りたい!
  • 実際に地域を訪れてみたい!

日時

令和2(2020)年9月4日(金曜日)午後7時30分~8時30分

場所

オンライン会議システムZoom上

セミナーの内容

  1. 移住のステップについてご紹介
  2. 「あなたが望む田舎はどこ?」診断
  3. 亀岡市・南丹市・京丹波町の地域概要やライフスタイルをご紹介
  4. 市町職員とのフリートーク

当日進行

高橋 博樹(たかはし ひろき)(南丹市まちづくりデザインセンター・センター長)

大学・大学院で建築を学び、神戸の建築・都市計画の会社に就職。阪神淡路大震災の復興プロジェクトなどに従事。結婚直後に脱サラし、木工職人を目指す。南丹市の職人学校での修業後2006年に独立。同時に若手職人が活躍できる社会づくりのためNPO法人京都匠塾を設立。地域活動団体への支援が地域の活性化につながり、次の世代に喜ばれる社会が生み出せると考え、中間支援を行うNPO法人テダス(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)を2012年に設立。木工職人としての自分自身の事業も株式会社化。2児の父。

主催

京都府南丹広域振興局、亀岡市、南丹市、京丹波町

共催:京の田舎ぐらし・ふるさとセンター

【令和2(2020)年7月31日開催】京都丹波・移住の入り口探し編~移住って、なにからはじめるの?~【オンラインセミナー】(終了しました)

こんな人におすすめです!

  • 「移住」について具体的に何から始めたらいいのか分からない!
  • 自分に合った地域はどこなのか知りたい!
  • 移住先での「仕事」や「住まい」をどんなふうに探したらいいのか知りたい!
  • 自然が身近な場所でのびのび子育てをしたい!
  • 地域コミュニティへの関わり方を知りたい!実際に地域を訪れてみたい!

日時

令和2(2020)年7月31日(金曜日)午後7時30分~8時30分(オンライン開場:午後7時15分~)

場所

オンライン会議システムZoom上

セミナーの内容

  1. 移住のステップについてご紹介
  2. 「あなたが望む田舎はどこ?」診断
  3. 亀岡市・南丹市・京丹波町の地域概要やライフスタイルをご紹介
  4. 市町職員とのフリートーク

当日進行

高橋 博樹(たかはし ひろき)(南丹市まちづくりデザインセンター・センター長)

大学・大学院で建築を学び、神戸の建築・都市計画の会社に就職。阪神淡路大震災の復興プロジェクトなどに従事。結婚直後に脱サラし、木工職人を目指す。南丹市の職人学校での修業後2006年に独立。同時に若手職人が活躍できる社会づくりのためNPO法人京都匠塾を設立。地域活動団体への支援が地域の活性化につながり、次の世代に喜ばれる社会が生み出せると考え、中間支援を行うNPO法人テダス(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)を2012年に設立。木工職人としての自分自身の事業も株式会社化。2児の父。

主催

京都府南丹広域振興局、亀岡市、南丹市、京丹波町

共催:京の田舎ぐらし・ふるさとセンター

【令和2(2020)年2月22・23日開催】亀岡の暮らしに触れる移住体験ツアー(終了しました)

ツアーの様子は京都移住計画ホームページ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)をご覧ください。

20200222-23_タイトル

亀岡の暮らしを訪ねる1泊2日

JR京都駅から快速電車で20分。ほどよい便利さと、ほどよい自然に囲まれた人口およそ89,000人のまち。ここから近くの都市部へ通勤・通学するひと、この場所で先祖代々のお店を営むひと、静かな環境で陶芸や木工などのものづくりに励むひと、あらたに移住してくるひと、それぞれがそれぞれのペースでのんびり・ゆっくり暮らしています。いまでも古い町並みや文化が残る城下町、まちを囲むなだらかな山々、そして、ゆうゆうと流れる保津川。そんな、亀岡ならではのゆったりとした暮らしに触れる移住体験ツアーです!

亀岡市の1年

春_桜

春:「桜」桜並木を眺めながらのほほんピクニックは最高です!

夏_花火

夏:「花火」地元っ子だけが知っている、おすすめ鑑賞スポット。

秋_亀岡祭

秋:「亀岡祭」3日間に渡る秋のお祭り。11基の山鉾は必見です!

冬_霧

冬:「霧」数メートル前が見えなくなってしまうほど、真っ白。

亀岡市の概要

人口:おおよそ89,000人

面積:おおよそ225平方km

主な産業:卸売業、小売業、建設業、製造業、宿泊業などなど

特産品:京野菜、お米、亀岡牛、丹波大納言小豆などなど

主要観光:嵯峨野トロッコ列車、保津川下り、湯の花温泉

実は、水道水がおいしいです!

ツアー概要

開催日程

令和2(2020)年2月22日(土曜日)~23日(日曜日)

集合場所

JR亀岡駅南口ロータリー

参加対象

亀岡市への移住を検討している人 3組(宿泊施設の関係で5人まで1組、3人まで1組、2人まで1組)

宿泊場所

亀岡市移住・定住促進施設「離れ」にのうみ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

参加費用

「離れ」にのうみ宿泊費+昼食代(2食)とパン代の実費(3,500円程度)

※宿泊費は宿泊される部屋と人数によって変わります。次の表をご確認ください。

【利用料金表・1人あたり、単位:円】

「離れ」にのうみ移住体験利用料金表

※未就学のお子さまは宿泊費不要です。

当日のスケジュール

1日目

午前11時00分 JR亀岡駅南口ロータリーに集合

午前11時20分 先輩移住者・大谷さんのお店「saji(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)」にて昼食

  • 自己紹介
  • あなたが望む田舎はどこ?診断
  • 亀岡市の概要紹介

午後1時30分 空き家バンク登録物件見学(1,2軒)

午後4時30分 先輩移住者・山本さんのお店「薪窯パンふくくる(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)」を訪問

※パンの購入を予定しています。

午後5時30分 近くのスーパーを訪問後、解散

2日目

午前9時30分 それぞれで朝食を済ませていただき、チェックアウト

午前10時00分 古民家をリノベーション中の先輩移住者・綿引さんのお家を見学

午前11時30分 亀岡市のアート発信拠点「KIRI CAFE(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)」にて昼食

  • 「かめおか霧の芸術祭」や環境の取り組みなどを紹介

午後1時00分 地域散策

午後3時00分 参加者の皆さんから感想などをいただいた後、解散

※スケジュールは変更する可能性があります。

主催

亀岡市

企画協力:株式会社ツナグム(京都移住計画)

お問い合わせ

市長公室ふるさと創生課婚活・定住支援係

電話番号:0771-25-5060

FAX:0771-22-6372

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る