• かめおかプラスチックごみゼロ宣言
  • ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • マイナンバーについて
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通
  • 保育士募集
  • 上下水道部

tenki.jp 

総合トップ ホーム > くらし・環境 > 自然環境 > かめおかプラスチックごみゼロ宣言について > 亀岡市とソフトバンク株式会社との環境及び教育事業連携に関する協定

更新日:2019年11月20日

ここから本文です。

亀岡市とソフトバンク株式会社との環境及び教育事業連携に関する協定

  2019年10月30日締結式

   softbank1.jpg softbank2

  【ソフトバンク(株)】

環境学習の充実を目指し、協定を締結

10月30日、亀岡市とソフトバンク(株)、亀岡市教育委員会、(公財)亀岡市環境事業公社の間で「亀岡市とソフトバンク株式会社との環境及び教育事業連携に関する協定」を締結しました。
本協定は、互いの人的・物的・知的資源を有効活用し、将来、社会の課題解決に取り組む人材を育成しようというもの。また、ICT利活用による環境教育の充実を目指しており、同協定式では、人型ロボット「Pepper(ペッパー)」を活用した環境教育プログラムのデモンストレーションも行われました。
桂川市長からは「今回の協定をきっかけに、亀岡市内の小学校・義務教育学校で、ペッパーによる環境学習を順次行っていく予定です。授業を受けた子どもたちが環境に興味を持ち、行動につなげてくれることを願っています」と期待をこめたあいさつがありました。

亀岡市では今後とも、世界に誇る環境先進都市を目指し、関係機関と連携を深めながら、取り組みを進めてまいります。

 【協定書】

 ソフトバンク株式会社(PDF:486KB)

協定に基づく環境学習プログラムの事例

ペッパー授業1 ペッパー授業2

11月19日、同協定に基づき、吉川小学校で人型ロボット「Pepper(ペッパー)」を活用した環境学習の公開授業を行いました。
教壇に立ったペッパーは、世界的な問題となっているプラスチックごみによる海洋汚染のことや私たちの生活と環境の関わりなどを、時折クイズも交えながら分かりやすく解説。子どもたちは興味津々で聞き入っていました。授業最後の振り返りでは、「分かりやすい授業で、いい経験になりました」「ペッパーから聞いたことを家でも伝えたい」と感想を話してくれました。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境市民部環境政策課環境政策係

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5024

FAX:0771-22-3809

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る