• ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通

tenki.jp 

総合トップ ホーム > くらし・環境 > 移住・定住 > カフェやギャラリーなどの創業への支援について

更新日:2018年4月20日

ここから本文です。

カフェやギャラリーなどの創業への支援について

亀岡市では、観光客や地域住民が気軽に集い、交流を深めることでまちの魅力創出につながる施設を新たに運営する市民の取り組みを支援するため「亀岡市移住・定住促進のための地域交流施設整備事業補助金」制度を実施しています。

平成30年度からの変更点

  • 年齢要件を撤廃し、市民ならどなたでも申請できるようになりました。
  • 補助金額を2段階とし、申請者が45歳未満の場合20万円(上限)、45歳以上の場合10万円(上限)としました。
  • 申請時の提出書類を変更しました(以下参照)。

対象となる人

次の要件をすべて満たす人が対象となります。

  • 亀岡市民で、新たに創業し、自らが事業を営む人
  • 補助対象施設を活用して5年以上事業を継続する意思がある人
  • 補助対象施設を活用して年2回以上、不特定多数の方を対象とした交流イベントを実施する人
  • 市税を滞納していないこと
  • この補助金を過去に受けていないこと
  • 暴力団員でないこと

対象となる施設

  • カフェやギャラリーなど、おおむね10人以上が施設内で交流できるスペースを有すること
  • 亀岡市の広報物などを掲示するスペースが備え付けてあること
  • 建築基準法などに照らして適当と認められる建築物であること

対象となる経費

  • 施設整備費用(10万円以上のもの)
  • 事業実施に必要となる備品購入費用

補助金額

  1. 申請日時点で45歳未満の人:1件20万円(上限)(1,000円未満切捨て)
  2. 申請日時点で45歳以上の人:1件10万円(上限)(1,000円未満切捨て)

申請方法

下記の申請書類を市役所5階ふるさと創生課へ提出してください。補助額が予算額に達し次第申請を締め切ります。

※施設整備着工や備品購入の前に申請をしていただく必要があります。

申請書

申請時に必要な添付書類

  1. 申請者の住民票の写し
  2. 市民税の完納証明書などの納税状況が分かる書類
  3. 補助対象施設の位置図
  4. 補助対象施設の建物登記簿の全部事項証明書(新たに建築する場合を除く)
  5. 補助対象事業の契約書、備品の見積書
  6. 平面図、立面図などの工事の内容が確認できる書類やカタログなど
  7. 事業施工前の状況が確認できる写真
  8. その他市長が必要と認める書類

(参考)実績報告時に必要な添付書類

  1. 税務署受付印のある所得税法第229条に規定する開業等の届出書控えの写しまたは法人税法第148条に規定する内国普通法人等の設立の届出書控えの写し
  2. 官公署が発行する許可証、認可証または登録証などの写し
  3. 補助対象事業の領収書などの支払状況が分かる書類
  4. 平面図、立面図などの補助対象事業の完成後の内容が確認できる書類
  5. 補助対象事業を行った部分の施工後の状態が確認できる写真
  6. その他市長が必要と認める書類

補助金を交付した施設の紹介

  1. Café de MIMI(カフェ・ド・ミーミ)(別ウィンドウで開きます)

参考

亀岡市移住・定住促進のための地域交流施設整備事業補助金交付要綱(PDF:354KB)(別ウィンドウで開きます)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市長公室ふるさと創生課婚活・定住支援係

電話番号:0771-25-5060

FAX:0771-22-6372

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る