ホーム やさしい健康講座


やさしい健康講座


第70回 B型肝炎ウィルスについて
執筆者写真

亀岡市立病院

内科医長  宮川 昌巳

専門分野: 消化器病学、肝臓病学、内視鏡治療、腹部IVR

 B型肝炎ウイルスは肝臓に感染するウイルスのひとつです。ウイルスに感染している人の血液や体液を介して感染し、感染経路としてウイルスを持つ母親から出産時に感染する垂直感染(母子感染)とそれ以外の水平感染があります。現在、垂直感染はワクチンなどの適切な予防措置により減少しています。
  ウイルスに感染すると倦怠感(けんたいかん)や肝機能障害などが一過性に起こる急性肝炎、肝炎が持続する慢性肝炎、肝硬変、劇症肝炎や肝臓がんなどさまざまな病気を起こします。また、過去に感染したウイルスが抗がん剤やステロイド剤などの使用により、再び肝炎を引き起こすことも分かってきました。治療は病状や年齢に応じて、治療の必要のない場合から、抗ウイルス薬やインターフェロンの投与が必要になる場合までさまざまです。
 ウイルスに感染しているかは血液検査によって診断します。健康診断などで肝機能障害を指摘された人、家族にウイルス性肝炎や肝臓がんの患者さんがいる人、過去に大きな手術や輸血を受けたことのある人、刺青やタトゥーを入れている人などは一度検査を受けることをお勧めします。

 


▲ ページトップ