ホーム やさしい健康講座


やさしい健康講座


第115回 腰や足の痛み・しびれで運動不足になっている方へ
執筆者写真

亀岡市立病院

麻酔科部長兼地域連携室長  橋本 朋子
専門分野 手術麻酔、ペインクリニック、緩和医療

 腰痛や下肢のしびれでお悩みの中高年の方は大勢おられます。普段からできるだけ腹筋・背筋を鍛えてそのような症状を予防し、増悪させないことは大切ですが、それでも椎間板という脊椎の間のクッションがすり減ったり、脊椎が変形して神経の通り道が狭くなると、おしりから太ももの後ろ、ふくらはぎにかけての痛みやしびれのために、じっと座っていられない、長時間歩き続けられない、などの症状が出てきます。坐骨神経痛・間欠性跛行と呼ばれるこれらの症状は程度によっては手術の適応になりますが、手術するほどでもないけれど、もう少し症状が和らげば、運動や散歩もできるのに、と思っておられる方は多いのではないでしょうか。
 ペインクリニックでは仙骨硬膜外ブロックという方法で、神経の興奮を抑え、血流を改善することで症状を緩和します。もちろん全ての患者様が満足されるような効果が出るとは限りませんが、比較的副作用や合併症の少ない方法ですので、お薬やリハビリだけでは良くならなかった方は一度御相談ください。

 


▲ ページトップ