ホーム やさしい健康講座


やさしい健康講座


第113回 手がしびれる!なんでだろう?
執筆者写真

亀岡市立病院

整形外科医員 山ア 哲朗
専門分野 外傷、手外科

 「なんだか最近、手がしびれるなぁ。」「なんだか細かい作業がしにくいの。」そのような症状はありませんか?
 手のしびれの原因として最も多いのは神経の障害です。神経が障害される原因はいくつかあります。特に手のしびれの原因として多いのは「手根管症候群」「肘部管症候群」「頸椎ヘルニア」「糖尿病」です。
 手根管症候群は手首の部分で神経が圧迫されておこるしびれです。親指、人差し指、中指、薬指の親指側半分がしびれることが多く、症状が進行すると親指の付け根の筋肉がやせて細かい運動がしにくくなってしまいます。
 小指や薬指の小指側がしびれている場合、肘部管症候群の可能性があります。これは肘の部分で神経が圧迫されて起こります。
 頸椎ヘルニアでは手だけではなく前腕までしびれるという風にしびれの範囲が大きいことが特徴です。
 指先がしびれていて、長い時間をかけて手全体にしびれが広がっている場合、糖尿病が原因かもしれません。
 このように手のしびれの原因は様々ですが、しっかり診断を受けてそれぞれに応じた治療を受けることが大事です。まずはかかりつけの先生に相談したうえで神経内科や整形外科の専門医を受診されることをお薦めします。

 


▲ ページトップ