• かめおかプラスチックごみゼロ宣言
  • ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • マイナンバーについて
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通
  • 職員募集
  • 上下水道部
  • 亀岡市消防団

tenki.jp 

総合トップ ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 予防接種 > 骨髄移植等の医療行為により抗体を喪失し、再度予防接種が必要となった人へ

更新日:2019年9月26日

ここから本文です。

骨髄移植等の医療行為により抗体を喪失し、再度予防接種が必要となった人へ

骨髄移植等の医療行為により抗体を喪失し、再度予防接種を受ける場合

亀岡市では、骨髄移植等の医療行為により、過去に接種を受けた定期予防接種の効果が期待できないと医師に判断された人に対して、再接種に係る費用を助成します。

再接種にあたっては、事前の手続きが必要となりますので、再接種を希望する場合は、健康増進課まで問い合わせてください。

対象者

再接種を受ける日において、20歳未満であり、以下のいずれにも該当する人

1 亀岡市内に住所を有する人

2 骨髄移植等の医療行為により、接種済みの定期予防接種の効果が期待できないため、再接種の必要があると医師に判断されている人

対象となる予防接種

予防接種法で定期予防接種に位置づけられる子どもの定期予防接種のうち、過去に定期予防接種として接種済みの予防接種。

※骨髄移植等の医療行為を受ける以前に、定期予防接種として接種していない予防接種については、本制度の対象とはなりません。

助成金額

再接種に要した費用を、上限の範囲内において費用助成します。(亀岡市が規定する助成額を上限とします)

助成の手続きについて

助成を希望される場合は、事前に手続きしていただき、助成の認定を受けてから再接種を受けていただきます。必ず再接種前に亀岡市健康増進課までご連絡ください。申請を行わずに再接種を受けた場合、費用助成の対象外となります。

手続き方法については、亀岡市健康増進課まで問い合わせてください。

お問い合わせ

健康福祉部健康増進課健康管理係

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5004

FAX:0771-24-3070

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る