• かめおかプラスチックごみゼロ宣言
  • ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • マイナンバーについて
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通
  • 保育士募集
  • 上下水道部

tenki.jp 

更新日:2012年3月31日

ここから本文です。

4.施策の進め方

『子どもを中心にした自発的な環境活動の推進』は、子どもの自発性を尊重して、子どもたちが関心のあることから実践しながら、その成果を生かし発展させていくことが重要です。そこで、下図のように、当初は「自発的に参加する子どもたちを中心にした展開」を行い、次に「自発的な子どもたち活動をもとに拡充」していき、「亀岡市全域へ拡充」し、「他地域・全国・世界との交流」を行っていきます。それにあわせて、「地球環境子ども村」の運営を、市民主体の運営となるように発展させていきます。

施策の進め方

進行計画

準備期

「(仮称)地球環境子ども村役場」の運営スタッフを配置し、公募などによって、「地球環境子ども村」の立ち上げの核となる、子どもたち、学校、地域組織、アドバイザー、ボランティアなどの確保に努めます。また、「(仮称)地球環境子ども村役場」や「(仮称)地球環境子ども村ホームページ」の開設、「(仮称)地球環境子ども村議会」の開催などを実施し、「(仮称)地球環境子ども村びらき」を行います。さらに、実験的な環境活動を行いながら、基礎的な運営体制の整備を図っていきます。

第1ステップ

準備期で確保した人々を中心にして、「(仮称)地球環境子ども村クラブ」、「(仮称)地球環境子ども村アドバイザーネットワーク」、「(仮称)地球環境子ども村応援団」を運営し、自然観察、環境実験などのさまざまな環境活動を展開します。また、こうした活動を通して、新たな事業の企画・運営を行います。さらに、アドバイザーやボランティアなどの人材の充実を図っていきます。

第2ステップ

第1ステップでの活動を拡充するため、「(仮称)地球環境子ども村クラブ」、「(仮称)地球環境子ども村アドバイザーネットワーク」、「(仮称)地球環境子ども村応援団」の充実を図り、家庭・学校・地域の連携した活動を積極的に展開していきます。また、養成講座などを通した人材確保や、環境活動の実践を通じた人材育成によって、アドバイザーや運営スタッフの充実に努めます。

第3ステップ

第2ステップの広がりを亀岡市全域へ拡充するため、亀岡市全域への情報提供を充実し、亀岡市全域で各種事業を展開していきます。また、亀岡市全域で、日常的に情報交流が行えるように交流会や「(仮称)地球環境子ども村議会」などの充実を図っていきます。
市民主体の運営に向けて、環境活動の実践を通じて、環境活動の企画・実践から会計まで行える運営スタッフを育成していきます。さらに、事業者などからの支援を充実するとともに、参加費などを徴収できるように事業内容の充実を図っていきます。

充実期

亀岡市全域での取り組みをさらに発展していくため、他地域および全国・世界との交流を進めていきます。このため、日常的に他地域および全国・世界の子どもたちと情報交流できるような仕組みや環境づくりを進めていきます。
また、市民主体の運営となるように、運営スタッフを市民へ移行します。ただし、事業が継続し、さらなる発展を遂げるために、行政が必要な支援を続けていきます。

お問い合わせ

生涯学習部市民力推進課地球環境子ども村係

亀岡市宮前町神前長野15交流会館内

電話番号:0771-26-6100

FAX:0771-26-5002

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る