• かめおかプラスチックごみゼロ宣言
  • ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • マイナンバーについて
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通
  • 保育士募集
  • 上下水道部

tenki.jp 

更新日:2012年3月31日

ここから本文です。

3.基本的な枠組み

「地球環境子ども村」は15年かけて取り組むものですが、この間を一貫する枠組みを当初に設定することは、その後に予想される地球環境問題の変化や亀岡での変化に対して、適切に対応することの妨げになりかねません。ここでは「地球環境子ども村」を立ち上げるために取り組むべき内容を示し、これを「基本的枠組み」とします。従って、「基本的な枠組み」に沿った実践が行われるに伴って、その内容を見直していくことが必要です。

a.子どもを中心とした自発的な環境活動を育成する

子どもを中心とした自発的な環境活動を育成するには、家庭、学校、地域それぞれの場で、地球環境問題を考える機会をつくり、日頃の活動による環境への負荷(例えば、電力消費による二酸化炭素の排出量など)を把握し、改善していていかなければなりません。そして、環境への負荷の削減目標を自主的に設定して、行動計画を立てて実践し、その結果を評価し、新たに目標や計画を立てるという循環的な取り組み(ここでは、このような取り組みを「環境活動システム」と言うこととします)を実践していくことが必要です。そこで、まず、親や教師が子どもたちに地球環境問題とは何かを伝え、環境活動システムの重要性や方法を教えることから始めなければなりません。

しかし、現状では、子どもに地球環境問題を伝えたり、環境活動システムの重要性や方法を教えることができる親や教師は限られていると考えられます。そこで、子どもたちが地球環境問題を実感するとともに環境活動システムの方法を学べるような、教材、催し、指導者、場所などをつくることが必要です。このため、「地球環境子ども村」の拠点、すなわち「(仮称)地球環境子ども村役場」を整備して、この拠点を核として、教材づくりをはじめ、催しなどの企画・運営、指導者の育成、子どもからの相談、親や教師への情報提供・啓発などを進めていくことが必要です。また、亀岡市内にある既存施設を、「地球環境子ども村」を実現するために、有効に活用できるように働きかけることも必要です。既存施設としては、ガレリアかめおか、国際センター、教育研究所、野鳥の森、七谷川野外活動センター、土づくりセンター、農業公園、桜塚クリーンセンター、年谷浄化センター、若木の家、亀岡会館、図書館、生涯学習センター、公民館、児童館などがありますが、これらの施設が共同で催しや連続講座を開催し、子どもたちがこれらの事業に参加して学習することで地球環境問題の全体像を理解でき、環境活動システムの重要性や方法を理解できるように活用することが考えられます。

「(仮称)地球環境子ども村役場」の整備は、「地球環境子ども村」の活動内容や活動規模に合わせて段階的に行うものとします。まず初めに、既存施設を活用し、この場を核にして、拠点施設に求められる機能(例えば、子どもが地球環境を学べる場、家庭・学校・地域への情報提供、相談、教材開発、催し等の企画・運営、指導者の確保・育成・派遣等)を整備しながら、できることから実践していきます。その成果を踏まえて、必要に応じて施設を整備していきます。

「(仮称)地球環境子ども村役場」の運営は、子どもを中心にして、子どもを取り巻く市民や学校などの自発的な参画によって運営することを基本とします。これは、子どもの自発的な環境活動を育成するためには、地球環境問題に自ら関心をもって取り組む人々が担うことが適切であり、こうした人々の存在なくしては推進できないものであると考えるためです。ただし、自発的な人々の力だけでは限界があります。そこで、必要に応じて、亀岡市が支援するものとします。例えば、職員の派遣、既存施設の活用、運営費の負担、教材開発、催しの企画・運営、指導者の育成などを担う必要があります。ただし、あくまでも、市は、自発的に参画した子どもや市民・学校のサポートであるという姿勢を守ることが重要です。また、子どもや子どもを取り巻く市民や学校の自発性を生むために、地球環境問題や環境活動システムについての情報を提供したり、地球環境問題の深刻さや環境活動システムの重要性を実感できるような場や機会を設けたりして、自発性を生むきっかけをつくることも必要です。さらに、市の支援だけでなく、各種団体の協力や専門家の活用も必要です。企業などに、「地球環境子ども村」の意義を理解してもらい、必要となる支援を得ることや、既存の市民団体などと連携して、各種事業を推進することが考えられます。また、地球環境問題の解決のためには、何をすれば良いのかを判断することは非常に難しいため、専門家などから助言を得たり、亀岡の自然環境の評価を受けたりするなど、専門家を指導者として積極的に活用することが必要です。

お問い合わせ

生涯学習部市民力推進課地球環境子ども村係

亀岡市宮前町神前長野15交流会館内

電話番号:0771-26-6100

FAX:0771-26-5002

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る