• かめおかプラスチックごみゼロ宣言
  • ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • マイナンバーについて
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通
  • 保育士募集
  • 上下水道部

tenki.jp 

総合トップ ホーム > くらし・環境 > 自然環境 > 地球環境子ども村 > (2)子どもを中心とした環境活動の支援

更新日:2012年3月31日

ここから本文です。

(2)子どもを中心とした環境活動の支援

「(仮称)地球環境子ども村アドバイザーネットワーク」の構築

子どもたちを中心とした自発的な環境活動を支援していくためには、子どもたちのさまざまな疑問や悩みに対して適切に答えていくことや、子どもたちの環境への関心を呼び起こしていくことが必要です。家庭・学校・地域が連携して環境活動を行う場合にも、どのような取り組みを展開していけば良いのかについて助言が得られることが重要です。

そこで、さまざまな環境に関わる専門家(環境問題に関わる研究者、環境活動を実践している人など)が、子どもたちの疑問や悩みに対して助言したり、子どもたちと一緒に活動する仕組み、すなわち「(仮称)地球環境子ども村アドバイザーネットワーク」を整備していきます。

このため、「(仮称)地球環境子ども村役場」が中心となって、亀岡市内はもとより、亀岡市外の専門家にも協力を呼びかけて、協力いただける人びとを登録し、それぞれの専門分野や協力できる内容を把握しておきます。子どもからの相談や要望に応じて、紹介したり、派遣を行います。

また、登録された専門家の交流や市民と専門家の交流を深め、子どもたちの環境活動の支援の充実を図るとともに、市民主体の運営が行えるように人材の育成を図っていきます。

助成・表彰制度の整備

子どもを中心とした自発的な環境活動を支援していくためには、子どもたちの活動を支える大人たちに対する諸経費の補助などが重要となります。そこで、子どもを中心とした環境活動を幅広く募集して、審査のうえで認められた活動に対して補助をする「(仮称)地球環境子ども村助成制度」を設置します。

また、子どもを中心とした自発的な環境活動を支援していくためには、子どもたち同士で切磋琢磨しながら、より良い環境活動を進めていくことが重要であるため、子どもを中心とした環境活動の成果を募集して、審査のうえで優秀と認められた活動に賞を贈る「(仮称)地球環境子ども村大賞」を設置します。

田植え

アドバイザー・運営スタッフの育成

子どもを中心とした自発的な環境活動を推進していくためには、子どもたちと一緒に環境活動を実践し、子どもたちを指導できるアドバイザーが存在することが必要です。また、家庭・学校・地域が連携した環境活動をする場合にも適切な助言を与えることができるアドバイザーが重要です。そこで、こうした人材を育成するため、環境問題に関する講座を開催するとともに、「地球環境子ども村」の実践のなかで、参加した人々がアドバイザーとなるように育成を行っていきます。

また、「(仮称)地球環境子ども村役場」を市民が主体となって運営できるように、事業の企画から実践、さらには会計まで、すべての運営を担うスタッフの育成を、各種講座の開催や各種事業の実践を通して進めていきます。

お問い合わせ

生涯学習部市民力推進課地球環境子ども村係

亀岡市宮前町神前長野15交流会館内

電話番号:0771-26-6100

FAX:0771-26-5002

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る