• かめおかプラスチックごみゼロ宣言
  • ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • マイナンバーについて
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通
  • 保育士募集
  • 上下水道部

tenki.jp 

総合トップ ホーム > くらし・環境 > 自然環境 > 地球環境子ども村 > 2.子どもを中心とした自発的な環境活動を育成する

更新日:2012年3月31日

ここから本文です。

2.子どもを中心とした自発的な環境活動を育成する

2.子どもを中心とした自発的な環境活動を育成する

「きっかけ」の提供

学校における環境学習の推進
現在、小中高等学校等において、児童生徒が自ら学び自ら考える力などの「生きる力」を育むことを目指して、「総合的な学習の時間」の導入が図られています。これは、知識を教え込む授業ではなく、子どもたち自身が課題を見つけて考える学習を実践するものであり、環境、情報、福祉・健康、国際理解などのテーマで、各学校ごとに特色をもって取り組むものです。そこで、こうした授業において、子どもたち自身の主体的な環境学習を展開していき、子どもたちの環境への関心を高めていきます。また、すでに、社会科、理科、生活科などにおいて、環境問題に関わる学習が行われており、こうした取り組みを支援していきます。

多様な環境学習機会の提供

子どもたちが環境問題を実感するためには、自然の中へ出かけて観察したり、実験などによって環境の変化を観察したり、各種処理施設で処理の様子を観察したり、農業などの体験をすることが重要です。そこで、自然観察、環境問題に関する実験講座、各種施設の見学、農業体験、木工教室、星座教室、高齢者による伝承教室などの各種催しを開催し、子どもたちが環境問題に対して関心を持つような「きっかけ」を提供していきます。

主な環境学習の例示

主な催し

概要

自然観察

亀岡における動植物の生息状況など自然環境全般に関する情報を収集・整理し、身近な自然環境を調査する機会を提供する。

ネイチャーゲーム

ゲームをしながら体全体を使って自然とふれあい、自然の大切さを楽しみながら実感できる機会を提供する。

環境実験

地球温暖化の仕組みや資源循環の仕組みなどを、実験を通じて学習できる機会を提供する。

施設見学

廃棄物処理施設や下水道処理施設などを見学し、生活による環境への影響などを学習する機会を提供する。

農業体験

農業公園などの活用や、農家との連携によって、子どもたちに農業を体験する機会を提供する。

木工教室

木材による工作によって、木の良さや大切さを学べる機会を提供する。

星座教室

星座の観察などによって、大気の状況を知り、地球への関心を高める機会を提供する。

伝承教室

高齢者などが知っている知恵や昔の亀岡の環境などを子どもが学べる機会を提供する。

教材の提供・開発

子どもたちが環境問題に関心を持ち、自発的な環境活動を展開するには、環境問題の現状を知ることができ、自ら学ぶことができる教材が必要です。そこで、環境問題に関する教材(本、ビデオ、自然観察手帳、酸性雨測定機器、環境家計簿など)を子どもたちが利用できるように提供していきます。
また、亀岡独自の教材が必要な場合には、教材の開発を行っていきます。その場合には、環境問題が日常生活のあらゆることに関連していることから、さまざまな観点から環境問題を理解できるように配慮していきます。

情報交流の仕組みづくり

「地球環境子ども村」の存在自体をはじめ、「各種催し」や「教材」などを、子どもたちに広く普及するとともに、子どもたちが自由に意見交換などを行えるように、「(仮称)地球環境子ども村ホームページ」を開設し、学校でのインターネットの活用を進め、地球レベルでの交流が図れるような情報ネットワークづくりを進めていきます。また、学校を通じた情報発信をはじめ、広報誌などを通じた情報提供や、マスコミなどを活用した情報提供なども進めていきます。

子どもバードウオッチング

お問い合わせ

生涯学習部市民力推進課地球環境子ども村係

亀岡市宮前町神前長野15交流会館内

電話番号:0771-26-6100

FAX:0771-26-5002

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る