• かめおかプラスチックごみゼロ宣言
  • ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • マイナンバーについて
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通
  • 職員募集
  • 上下水道部
  • 亀岡市消防団

tenki.jp 

総合トップ ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化財 > 亀岡市内に所在する文化財について > 平成24年度に指定した亀岡市指定文化財について

更新日:2019年3月31日

ここから本文です。

平成24年度に指定した亀岡市指定文化財について

【史跡】亀山城惣構跡(土居)5件・【有形文化財(建造物)】旧亀山城新御殿玄関1棟1件の指定について

亀山城惣構跡(土居)(かめやまじょうそうがまえあと(どい))5件、旧亀山城新御殿玄関(きゅうかめやまじょうしんごてんげんかん)1棟1件を、平成24年11月22日に亀岡市指定文化財に指定しました。

詳細については、以下のとおりです。

指定種別【史跡】5件指定名称【亀山城惣構跡(土居)】

亀山城は、本丸や二の丸を内堀、三の丸を外堀、そして城下町を惣堀が囲み、外堀や惣掘には土居が築かれました。惣掘と土居を惣構と呼び、遅くとも17世紀初頭に築かれ、惣掘は現在もほぼ当時の流れの位置をとどめています。しかし、土居については開発などにより大部分が姿を消しており、亀山城の構造を知るうえで貴重な遺構といえます。

 

  • 史跡5件亀山城惣構跡(土居)
所有者 指定範囲 員数
宗教法人天満神社 亀岡市京町38番1、39番1 317平方メートル、145平方メートル
宗教法人嶺樹院 亀岡市西竪町50番 294平方メートル
宗教法人宗堅寺 亀岡市西竪町24番1 383平方メートル
宗教法人聖隣寺 亀岡市東竪町43番 895平方メートルの内260平方メートル
亀岡市 亀岡市東竪町47番(坂部公園) 522平方メートル

 

<天満神社>

天満神社

 

<嶺樹院>

嶺樹院

 

<宗堅寺>

宗堅寺

 

<聖隣寺>

聖隣寺

 

<坂部公園>

坂部公園

 

指定種別【有形文化財(建造物)】1件指定名称【旧亀山城新御殿玄関】

この建物は、もとは亀山城内三の丸に文久4年に建てられた御殿の玄関部分であり、玄関部の構造が良く残されています。亀山城関係の移築遺構は、多くが門などであり、この建物のように御殿の玄関部分の移築事例は珍しく貴重です。これにより、近世末期における亀山城内の御殿建築の様子を具体的に知ることができ、重要な建物であるといえます。

 

  • 有形文化財(建造物)1件旧亀山城新御殿玄関
所有者 指定範囲 構造など
財団法人保津五苗財団

1棟

(亀岡市保津町譯目72番1)

木造、瓦葺、入母屋造、平屋建

(明治15年に当地に移築)

 

旧亀山城新御殿玄関

 

 

お問い合わせ

教育委員会歴史文化財課文化財係

京都府亀岡市古世町中内坪1

電話番号:0771-25-5068

FAX:0771-25-6128

お問い合わせフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る