• かめおかプラスチックごみゼロ宣言
  • ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通
  • 上下水道部
  • 亀岡市職員採用試験情報
  • 保育士募集

tenki.jp 

総合トップ ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化資料館 > お知らせ > 文化資料館連続講座「戦国武将、それぞれの決断」

更新日:2019年4月22日

ここから本文です。

文化資料館連続講座「戦国武将、それぞれの決断」

 

 亀岡ゆかりの戦国武将明智光秀は、裏切り者の代名詞のようにも言われますが、光秀が活躍した時代は、命がけの「決断」が求められた時代でもありました。
今年度は、3回シリーズで、戦国武将のそれぞれの「決断」について、お話しいただきます。

 

日時

テーマ

講師

第1回

519日(日)

14時~16時

 

※申込受付中

「松永久秀と織田信長の本当の関係」

信長に背き、茶釜と共に滅んだ久秀は戦国の梟雄として知られています。しかし、二人は元々強い同盟関係にありました。なぜ争うことになったのかを見ていきます。

天野忠幸さん

(天理大学准教授)

第2回

713日(土)

14時~16時

  

※申込受付開始5月21日(火)

「波多野秀治の決断―戦国期国人の行動原理―」

戦国期の丹波国を代表する波多野秀治が、当初属した織田方から離反し、明智光秀と激しく戦ったのはなぜか。戦国期国人の行動原理から考えます。

古野貢さん

(武庫川女子大学)

第3回

928日(土)

14時~16時

 

※申込受付開始7月16日(火)

「荒木村重の対信長戦略」

荒木村重は、摂津の伊丹や尼崎、神戸を拠点に信長と戦う道を選びました。江戸時代に信長の悪名の原因ともなった二年近い戦いの背景を探ります。

天野忠幸さん

(天理大学准教授)

 

会場:亀岡市文化資料館(定員60人/受講料210円必要)               


事前に、文化資料館までお申し込みください。受付開始日の午前9時から。

文化資料館友の会会員は受講料無料です。

駐車場が狭いので、できるだけ公共交通機関でのご来館をお願いします。

 


 

 

 

お問い合わせ

教育委員会文化資料館

古世町中内坪1 

電話番号:0771-22-0599

FAX:0771-25-6128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る