• かめおかプラスチックごみゼロ宣言
  • ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • マイナンバーについて
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通
  • 保育士募集
  • 上下水道部

tenki.jp 

総合トップ ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化資料館 > 展示会 > 第34回特別展「明智光秀と戦国丹波ー丹波進攻前夜ー」

更新日:2020年2月21日

ここから本文です。

文化資料館第34回特別展 「明智光秀と戦国丹波ー丹波進攻前夜ー」

本展示会では、明智光秀が織田信長に丹波進攻を命じられたとされる天正3(1575)年までの時期を対象として、室町幕府や織田信長に仕えた明智光秀の発給文書や織田家臣団の肖像画を展示するとともに、戦国時代に丹波国を支配していた守護細川氏や守護代内藤氏の関係資料を紹介します。

近年発見された新資料も紹介しながら、新たな光秀像や戦国期丹波国のすがたに迫ります。

 第34回特別展チラシ(PDF:1,301KB)

  第34回特別展展示資料一覧(PDF:153KB)

 

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2月22日と、2月23日、3月7日に実施予定であった講演会を中止します。

後日、感染の心配がなくなった段階で、あらためて実施したいと考えています。 

特別展は予定通り、開催しています。

 

 

会期

令和2年1月25日(土曜日)~3月8日(日曜日)

[会期中休館日なし]

開館時間:午前9時~午後5時(入館は、午後4時30分まで)

  • 入館料:大人400円、小・中学生200円
  • 亀岡市文化資料館友の会会員と、障がい者手帳を提示の人と介護者は無料
  • 30人以上の団体は1割引き

2月9日(日曜日)は、午後6時から展示解説をおこない、午後7時まで開館します。

お得な共通入館券の販売をおこなっています

大河ドラマ館と当館との共通入館券(840円)と、ギャラリーおほもとと当館との共通入館券(660円)を販売しています。

共通入館券は、亀岡市観光協会の観光案内所(JR亀岡駅2階の観光案内所と大河ドラマ館物産会内の観光案内所)と亀岡市文化資料館で販売しています。

ギャラリーおほもととの共通入館券は、大本みろく会館でも販売しています。

オープニングイベント(1月25日)

午前9時30分~10時15分 記念式典(オープニング演舞 因幡麒麟獅子舞)

午前10時15分~10時40分 因幡麒麟獅子舞

 上演:因幡麒麟獅子舞の会、解説:原島知子さん(鳥取県文化財保護課)

  • 大河ドラマ「麒麟がくる」にちなんで、人々に幸いをもらたす麒麟獅子舞を上演します。(国の記録作成などの措置を講ずべき無形の民俗文化財に選択されている鳥取県の伝統民俗芸能です)

午前10時45分~正午 講演会「天正10年 ときは今 -愛宕百韻の謎-」

 講師:高城修三さん(芥川賞作家)

  • よく知られた愛宕山での百韻連歌について、詳しくお話しいただきます。
  • 会場は、亀岡市文化資料館/無料/当日受け付け

 

歴史講座

歴史講座の申し込みは、令和2年1月7日(火曜日)より受け付け開始(土曜日・日曜日は休み)

※歴史講座(全4回)については、すでに定員に達しましたので、受け付けは終了しました。ありがとうございます。

講演会1
とき 2月2日(日曜日)午後1時30分~3時
ところ 文化資料館(3階研修室)
テーマ「明智光秀と美濃・越前」
講師 石川美咲さん(福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館学芸員)
聴講無料・要申し込み・定員60人

講演会2
とき 2月9日(日曜日)午後1時30分~3時
ところ 文化資料館(3階研修室)
テーマ「丹波進攻前の明智光秀」
講師 大欠哲(亀岡市文化資料館学芸員)
聴講無料・申し込み必要・定員60人

講演会3
とき 2月16日(日曜日)午後1時30分~3時
ところ 文化資料館(3階研修室)
テーマ 「明智光秀と京都」
講師 河内将芳さん(奈良大学文学部教授)
聴講無料 申し込み必要 定員60人

講演会4 ★新型コロナウイルス感染拡大防止のため、延期します。
とき 2月23日(日曜日)午後1時30分~3時
ところ 文化資料館 (3階研修室)
テーマ 「戦国時代の丹波国」
講師 飛鳥井 拓(亀岡市文化資料館学芸員)
聴講無料 申し込み必要 定員60人

 

講演会  ★新型コロナウイルス感染拡大防止のため、延期します。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ひとまず、中止させていただきます。

後日、感染の心配がなくなった段階で、改めて実施したいと考えております。

とき 2月22日(土曜日)午後1時30分から3時

ところ ガレリアかめおか

テーマ「織田信長と明智光秀」

講師 金子拓さん(東京大学史料編纂所准教授)

  • 当日受け付け(12時30分から受付開始・先着順)/定員150人/聴講無料
  • 令和元年10月に刊行された『信長家臣明智光秀』(平凡社刊)に基づいて、新たな視点から明智光秀についてお話しいただきます。
  • 京都愛宕研究会と共催

 

講演会   ★新型コロナウイルス感染拡大防止のため、延期します。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ひとまず、中止させていただきます。

後日、感染の心配がなくなった段階で、改めて実施したいと考えております。

とき 3月7日(土曜日)午後1時30分から3時30分

ところ 亀岡市文化資料館(3階研修室)

テーマ「明智光秀が口伝した医術書の話「針薬方」論」

講師 山田貴司さん(熊本県立美術館学芸員)

  • 当日受け付け(12時30分から受付開始・先着順)/定員80名/聴講無料
  • 現在、特別展会場にて展示中の「針薬方」。これは、明智光秀の活動を示す史料としては、現在もっとも古い内容のものです。光秀が医学の知識を持っていたことが分かる貴重な史料ではありますが、実は、幻におわった永禄9年の足利義昭上洛作戦の指示書の裏面に記されています。内容面からも、当時の紙の使われ方としても、非常に興味深いこの史料について、寄託を受けておられる熊本県立美術館の学芸員さんに、詳しくお話しいただきます。
  • 京都愛宕研究会と共催

 

 

展示解説

とき 1月26日(日曜日)2月8日(土曜日)2月24日(月曜日)3月7日(土曜日)
午前10時~11時
場所 文化資料館 展示室
入館料必要/予約不要
担当学芸員が、展示室にて詳しく解説します。

 

フィールドワーク 「守護代内藤氏・光秀の城 八木城を歩こう!」

※申し込みは、2月1日(土曜日)午前9時より、電話にてお願いします。

※すでに定員になりましたので、受付は終了しました。ありがとうございます

とき 3月1日(日曜日)午前11時~午後3時

集合:亀岡市交流会館(亀岡市宮前町)、解散:JR八木駅

  • 定員30人/参加費300円/昼食持参
  • 八木城は、明智光秀が丹波攻略の際に関わった山城です。最初に、亀岡市交流会館で八木城の解説を聞いた後、山城に登ります。下山後は、関連のお寺などに立ち寄ります。
  • 集合については、JR千代川駅から、広野行き10時32分発の路線バスがあります。
  • 必ず、山登りのできる服装・靴でご参加ください。

 

光秀公のまち亀岡 俳句大賞 入選作品展

とき 1月25日~3月8日

ところ 文化資料館ロビー

  • 「光秀公のまち亀岡 俳句大賞」は、亀岡市生涯学習都市宣言30周年を記念し、2018年に創設したものです。
  • 光秀公のまち亀岡を題材にした俳句や、日常の感動を表現した俳句など、本年度の入選作品を、展示紹介します。
  • ロビーのみの見学は無料です。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会文化資料館

古世町中内坪1 

電話番号:0771-22-0599

FAX:0771-25-6128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る