• ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通
  • 亀岡市職員採用試験情報
  • 保育士募集

tenki.jp 

総合トップ ホーム > 安全・安心・防災 > 防災 > 気象情報 > 台風第21号被害の「り災証明書」「被災届出受理証」の発行について

更新日:2018年9月30日

ここから本文です。

台風第21号被害の「り災証明書」「被災届出受理証」の発行について

台風第21号により被災された住家については、「り災証明書」を発行するため、家屋被害認定調査を実施します。基本的には、調査が完了した家屋から「り災証明書」を発行します。
住家以外の納屋やカーポートなどについては「被災届出受理証」を発行します。被害の状況を写真に撮り、印刷して持参してください。
被災された人は、9月5日(水曜日)午後以降、市役所6階自治防災課までご相談ください。

また、今回、多数の被害が発生しているため、順次対応いたしますのでご理解をお願いいたします。

○り災証明
「り災証明書」とは住家の被災の度合を証明する書類です。
発行に際して事前に家屋被害認定調査を実施します。
申請に必要なもの
・り災証明書交付申請書(ページ下部からダウンロード、または窓口にも備えています)
・印鑑(浸透印不可)
・本人確認書類(自動車運転免許証など)

○被災届出受理証
家屋以外の倉庫、自動車や家財等の動産の被害や、瓦が数枚ずれたなどの被災の度合が軽微な破損に対して発行します。
申請に必要なもの
・被害届出受理証交付申請書(ページ下部からダウンロード、または窓口にも備えています)
・被災状況のわかる写真
・印鑑(浸透印不可)
・本人確認書類(自動車運転免許証など)

その他
被害の申し出は、り災からおおむね3カ月です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る