• かめおかプラスチックごみゼロ宣言
  • ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • マイナンバーについて
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通
  • 職員募集
  • 上下水道部
  • 亀岡市消防団

tenki.jp 

総合トップ ホーム > 安全・安心・防災 > 防災 > 市の災害対策 > 危機管理 > 北朝鮮の飛翔体発射に対する抗議声明について(令和元年10月2日)

更新日:2019年10月2日

ここから本文です。

北朝鮮の飛翔体発射に対する抗議声明について

令和元年10月2日、北朝鮮が飛翔体を発射したことに対し、亀岡市長、亀岡市議会議長連名で抗議声明を発表しました。

北朝鮮による飛翔体発射に抗議する声明

 

 本日、北朝鮮が日本海に向けて飛翔体を発射し、日本の排他的経済水域に落下した可能性があることは、国際連合安全保障理事会決議に違反し、国際社会の平和と安定並びに我が国の安全保障を著しく損なうものである。

 本市は、世界連邦・非核平和都市を宣言し、平和の希求を市政の理念としており、今回の暴挙は、世界平和に背を向ける極めて遺憾な行為であり、断じて容認できるものではない。

 亀岡市民の生命と財産を守る立場から厳重に抗議する。

  

令和元年10月2日

 

                        亀岡市長 桂 川 孝 裕

               亀岡市議会議長 齊 藤 一 義

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る