• ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通
  • 亀岡市職員採用試験情報
  • 保育士募集

tenki.jp 

総合トップ ホーム > 産業 > 都市計画 > 亀岡市都市計画審議会 > 亀岡市都市計画審議会常務委員会(平成30年度第1回)開催結果の概要

更新日:2018年11月29日

ここから本文です。

亀岡市都市計画審議会常務委員会(平成30年度第1回)開催結果の概要

1日時

平成30年11月5日(月曜日)午前9時00分~午前10時10分

2場所

市役所2階201会議室

3出席者

出席委員4人(五十音順)

木曽委員、北山委員、酒井委員、櫻井委員 

※1名欠席

傍聴者0人(公開)

4審議

議第87号 南丹都市計画生産緑地地区の変更については、原案のとおり可決されました。

議題87号 南丹市計画生産緑地地区の変更について

質疑・討議概要

回答概要

 営農ができない理由は何か。            

 主たる従事者の故障で、医師から営農は不可能であるという診断結果をいただいております。

 後継者はいないのか。

    後継者として営農を後継する必要はありません。

 

 

 

 これまでどのような手続きをされたのか。

 主たる従事者の故障で、5月10日に生産緑地法第10条の買取申出が市にあり、法第12条により、市はそれを受け1箇月以内の6月8日に買い取らない旨の通知を行いました。

 次に法第13条に基づき、6月18日から8月9日まで農業委員会であっせんをしていただきましたが、不調に終わり、買取申出から3箇月経過しますので、法第14条の規定に基づき行為制限の解除を行いました。

 なお、10月3日から10月17日までの2週間、公衆の縦覧に供しましたが、意見書の提出はありませんでした。

 今回廃止箇所(地区番号76)の周りの農地は生産緑 地ではないということだが、開発ができるということか。  市街化区域ですので、開発は可能です。また地区番号76も今回廃止されれば、生産緑地ではなくなりますので、開発は可能となります。
 地区番号76の南側にある地区番号77は、営農をされているのか。

 営農されています。

 地区番号76は、形状変更されているということだが、現在の所有者は形状変更される前に買われたのか。形状変更された後に買われたのか。

 前の所有者が形状変更されています。現在の所有者は、形状変更された後に所有権移転されています。

 

 

5添付資料

議案書および計画付図などの資料は、あくまでも参考としてご覧いただくものであり、都市計画の内容を証明するものではありません。印刷や内容のコピーはできないようになっていますので、ご了承ください。

 

亀岡市都市計画審議会常務委員会(平成30年度第1回)議案書(HP掲載用)(PDF:144KB)

亀岡市都市計画審議会常務委員会(平成30年度第1回)計画付図(HP掲載用)(PDF:4,561KB)

 

 亀岡市都市計画審議会常務委員会(平成30年度第1回)(当日の様子)

30-1

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

まちづくり推進部都市計画課計画係

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5040

FAX:0771-23-5000

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る