• かめおかプラスチックごみゼロ宣言
  • ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • マイナンバーについて
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通
  • 職員募集
  • 上下水道部
  • 亀岡市消防団

tenki.jp 

更新日:2016年10月5日

ここから本文です。

亀岡市都市計画公園および京都スタジアム(仮称)に係る環境保全専門家会議(第28回緊急特別)の開催概要

開催日時

平成28年4月26日(火曜日)午後6時~7時30分

開催場所

メルパルク京都 4階 研修室

出席者

【委員】

村上委員(座長)、岩田委員、竹林委員、竹門委員、辻村委員、松井委員

【オブザーバー】

江戸オブザーバー、前薗オブザーバー、岡崎オブザーバー、鑪オブザーバー

【要綱第5条関係人】

渡辺亀岡市アユモドキ緊急調査検討委員会委員

阿部亀岡市アユモドキ緊急調査検討委員会委員

【事務局】

京都府:文化スポーツ部森下部長、稲垣副部長、中島理事、山本課長 ほか

亀岡市:石野副市長、桂まちづくり推進部長、竹村まちづくり推進部事業担当部長、塩尻環境市民部長 ほか

議事

(1)「座長提言(案)」について

意見など

(1)「座長提言(案)」について

  • 環境保全専門家会議設置から3年が経過する現時点において、座長としてアユモドキの生息環境の保全と地域の保全活動の維持・発展につながるスタジアムの整備とを両立させることを目的に検討してきたが、計画地に隣接する亀岡駅北土地区画整理事業地を建設地とすることが望ましいと考え座長提言(案)を作成した。
  • アユモドキのみに対しての記述ではなく、他の希少種保全の関係もあるので、「アユモドキなどへの悪影響を回避する」など、必要に応じてアユモドキの後に「など」を加えることとする。
  • <スタジアム建設位置>の記述のところで「これによりアユモドキが生息する曽我谷川流域ではなくなり、地下水保全などを行えばアユモドキの生息環境への影響は軽微と考えられ」において、「ではなくなり」は「への直接的影響は回避され」に「軽微と」は「軽微となると」に修正する。
  • 提言の細部の修正は座長に一任して頂くこととし、了解を得られたので、速やかに京都府知事と亀岡市長に提出することとする。

資料

(希少種情報を取り扱う資料は非公開としています。)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

まちづくり推進部まちづくり交通課

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5083

FAX:0771-23-5000

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る