• ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通

tenki.jp 

総合トップ ホーム > 教育・文化・スポーツ > 京都スタジアム(仮称)~京都府の専用球技場~ > 「京都スタジアム(仮称)整備事業に係る環境への影響について」をとりまとめました

更新日:2017年5月26日

ここから本文です。

「京都スタジアム(仮称)整備事業に係る環境への影響について」をとりまとめました

京都府及び亀岡市では、「亀岡市都市計画公園及び京都スタジアム(仮称)に係る環境保全専門家会議」(座長:村上興正京都府環境審議会委員;以下「専門家会議」と言う。)を共同で設置し、平成25年5月から平成29年5月までに、34回の専門家会議、97回のワーキンググループ会議を開催し、亀岡市都市計画公園及び京都スタジアム(仮称)の整備に伴う希少種であるアユモドキを含む自然環境の保全に必要な調査や対策について、委員各位の献身的な御尽力をいただき、専門的見地から様々な角度で分析、検討を重ねてきました。

平成28年4月の専門家会議座長提言を受け、スタジアム建設場所を亀岡駅北土地区画整理事業地に変更し、アユモドキの生息環境への影響について、検証を進めてきました。

今般、地下水の詳細解析や桂川におけるアユモドキの生息実態調査等と地下水の詳細解析との比較分析、スタジアムの実施設計等の成果を踏まえた自然環境への影響の解析、工事着手前、工事中、スタジアム完成後の供用時における詳細なモニタリング計画の策定、更には、広域的なアユモドキ生息環境改善など、ロードマップを示し、「京都スタジアム(仮称)整備事業に係る環境への影響について」を専門家会議の指導・助言を踏まえ、とりまとめました。

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

まちづくり推進部政策交通課政策交通係

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:25-5083

FAX:23-5000

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る