• ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通

tenki.jp 

総合トップ ホーム > 教育・文化・スポーツ > 教育 > 学校安全対策 > 市立小・中学校、幼稚園にAEDを配備しました

更新日:2015年8月19日

ここから本文です。

市立小・中学校、幼稚園にAEDを配備しました

AEDとは

不整脈などで心停止となった場合に、心臓に電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。高性能な心電図自動解析装置を内蔵し、電気ショックが必要な不整脈を判断し、音声メッセージにより応急処置者に使用方法などを指示します。

配備したAED(JPG:19KB)

配備したAED

導入の背景

突発的な心臓疾患は、体育の授業や運動活動中だけでなく、日常の学校生活においても発生するおそれがあることから、不測の事態に備えることとし、市立小・中学校、幼稚園に設置しました。

適切な使用のため講習を受講

児童や生徒の救命処置が必要な事故などの緊急時に備えて、迅速・適切に使用できる体制をつくるため、亀岡消防署の協力により学校・園教職員を対象として、心肺蘇生法やAEDの使用方法などを学ぶ講習会に参加しています。この講習を受講した教職員は指導者となって、ほかの職員などへ普及や指導に努めています。

使用方法説明会

AEDの配備に当たり、各小学校の教職員に使用方法などを学ぶ説明会を開催しました。

使用方法説明会

幼稚園教職員を対象に説明会を開催しました。

お問い合わせ

教育委員会教育総務課総務係

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5052

FAX:0771-23-3100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る