• ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通

tenki.jp 

総合トップ ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 障がい者福祉 > 障害者に関するシンボルマーク

更新日:2016年5月18日

ここから本文です。

障害者に関するシンボルマーク

障害者に関するマークには、次のようなものがあります。マークを見かけた場合は、ご理解とご協力をお願いします。
なお、各マークの詳細・使用方法等は、各関係団体にお問い合わせください。

名称 概要など 連絡先

障害者のための国際シンボルマーク
障害者のための国際シンボルマーク

障害者が利用できる建物、施設であることを明確に表すための世界共通のシンボルマークです。
※このマークは「すべての障害者を対象」としたものです。
特に車椅子を利用する障害者を限定し、使用されるものではありません
財団法人 日本障害者リハビリテーション協会
TEL:03-5273-0601
FAX:03-5273-1523

身体障害者標識(身体障害者マーク)身体障害者標識(身体障害者マーク)

肢体不自由であることを理由に免許に条件を付されている方が運転する車に表示するマークです。
危険防止のためやむを得ない場合を除き、このマークを付けた車に幅寄せや割り込みを行った運転者は、道路交通法の規定により罰せられます。
各警察署

聴覚障害者標識(聴覚障害者マーク)聴覚障害者標識(聴覚障害者マーク)

聴覚障害であることを理由に免許に条件を付されている方が運転する車に表示するマークです。
危険防止のためやむを得ない場合を除き、このマークを付けた車に幅寄せや割り込みを行った運転者は、道路交通法の規定により罰せられます。
各警察署
盲人のための国際シンボルマーク盲人のための国際シンボルマーク 世界共通のマークです。視覚障害者の安全やバリアフリーに考慮された建物、設備、機器などに付けられています。
信号機や国際点字郵便物・書籍などに使用されています。
社会福祉法人 日本盲人福祉委員会
TEL:03-5291-7885

耳マーク

耳マーク

聴覚に障害があることを示し、コミュニケーションへの配慮を求めるマークです。
自治体、病院、銀行などで、聴覚障害のある方への援助ができることを示すマークとしても使用されています。
社団法人 全日本難聴者・中途失聴者団体連合会
(略称:全難聴)FAX:03-3354-0046
E-mail:zennancho@zennancho.or.jp
HP:http://www.zennancho.or.jp/

ほじょ犬マーク

ほじょ犬マーク

補助犬を啓発するために、補助犬を受け入れる店の入り口などに貼るマークです。
補助犬とは、身体障害者補助犬法で定められた盲導犬、介助犬、聴導犬の総称です。
不特定多数の方が利用する施設(デパートや飲食店など)では、受け入れが義務付けられています。
京都府健康福祉部障害者支援課
TEL:075-414-4601
FAX:075-414-4597

ヘルプマーク

ヘルプマーク

 

内部障害及び難病等により援助や配慮が必要でありながら、見た目には分かりにくい人が、周囲の人々に対して、配慮を必要としていることを知らせるためのマークです。
 義足や人工関節を使用する人、内部障害及び難病、妊娠初期の人など助けを要する人が、援助や配慮を受けやすくすることを目的としています。

京都府健康福祉部障害者支援課
TEL:075-414-4598
FAX:075-414-4597

オストメイトマーク

オストメイトマーク

 

人工肛門や人工膀胱を使用している人(オストメイト)のための設備があることや、オストメイト対応トイレの入口、案内誘導プレートに表示されています。 社団法人 日本オストミー協会
TEL:03-5670-7681
FAX:03-5670-7682

ハートプラスマーク

ハートプラスマーク

身体内部に障害がある方を表すマークです。
心臓、じん臓などの内部障害や内臓疾患は外見からは分かりにくいため、視覚的に示すことで、理解と協力を広げるために作られたマークです。
特定非営利活動法人 ハート・プラスの会
TEL:052-718-1581
FAX:052-718-1581

 

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る