• かめおかプラスチックごみゼロ宣言
  • ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • マイナンバーについて
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通
  • 保育士募集
  • 上下水道部

tenki.jp 

総合トップ ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 障害者福祉 > 障害の「害」の字をひらがな表記した取り組みを始めます。

更新日:2019年7月12日

ここから本文です。

障害の「害」の字をひらがな表記した取り組みを始めます。

平成28年4月に障害者差別解消法が施行されたことに伴い、障がい者への人権尊重のための法整備が進む中、障害の「害」という漢字について、人の状態に対して使用することが、障がい者への差別・偏見を助長しかねないため、障がい者への人権の尊重と障がい者への理解を深めていただくことを目的に、障害の「害」の字をひらがなで表記していくこととします。

 

取り組み時期

今後印刷物を作成する場合、使用する。

表記の基本的な取り扱い

(1)「障害」という用語が人の状態を表す場合は、原則として「障がい」と表記する。市民などへの対外的な通知、広報物などを中心に対応していく。

(2)例外として次の場合は、「障害」の表記を用いる。

*国などの法令、制度などの名称や用語、地方公共団体の条例を用いる場合

*国、その他の機関・団体の名称などの固有名詞を用いる場合

*対象が人でない場合

お問い合わせ

健康福祉部障害福祉課障害総務係

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5031

FAX:0771-25-5511

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る