• ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通

tenki.jp 

総合トップ ホーム > 市政 > 広報 > 広報「キラリ☆亀岡」 > 広報紙「キラリ☆亀岡」 > キラリ☆亀岡平成25年8月(第604号)取材エピソード集

更新日:2013年8月5日

ここから本文です。

キラリ☆亀岡平成25年8月(第604号)取材エピソード集

8月号で1面特集を担当しました【秀】です。

8月は平和月間ですので、「平和」をテーマに市の取り組みなどを紹介します。

 

bonsyochinza

  今回の取材は、稱名寺さん(西竪町)にお世話になりました。

  戦時の金属供出にいったん出され、幸運にも武器に転用される

 ことなく返還された梵鐘があると聞き、早速、取材を申し込みし

 たところ、快諾をいただき、出向いてみましたら・・・

 鐘楼が解体工事中!

 

 

 延享5(1748)年の建立以来、初めての解体修繕ということで・・・

 まさに歴史的瞬間ですが、梵鐘は降ろされ、地面に鎮座しております。

 

           bonsyoakamaru                              

  無理を言ってシートをめくってもらい、5つの穴を接写!

 ・・・あれ?穴は4つしか空いていません。よく見ると、

 赤丸の箇所には埋められた痕があります。

 誰が、いつ埋めたのかは不明だそうです。

 しかし、まさに戦争の爪あとが残っています。

 このように、いったん供出された梵鐘が返還されたのは

 大変珍しいことで、歴史の証が刻まれています。

 

  住職の和田真宜さんから貴重なお話を聞かせていただいたうえ、

 解体工事前の写真をお借りしました。

 

 

kameoka

 

  亀岡中学校のコスモス種まきの取材は日程の都合上、

 別のスタッフが行ってくれました。

 暑い中、がんばっている姿を見ると、

 こちらまで元気になりますね。

 

 

syotoku

 

 

 詳徳中学校のコスモス種まきは曇り空の下でしたが、

 

  蒸し暑かったです。

 前日までの雨で地面がぬかるんでいる中でしたが、

  笑顔できびきびと作業に取り組んでいる姿が

  印象的でした。

 

 

 

daysuivice

chitose

 

 

 

 

 

 

 

 

ガレリアかめおかデイサービスセンターの利用者や職員の皆さん(左)、

 

千歳町自治会「ちとせさわやか健康センター」利用者の皆さん(右)

が心を込めて折られた鶴です。7月28日から29日に実施しました「“ヒロシマ”に学ぶ親子平和の旅」で、「原爆の子の像」に平和への祈りとともにささげられました。

 

最後に・・・

今号の1面には多くの人の「思い」が詰まっています。しかし、「平和であること」を祈る思いはひとつであり、これからも変わることはありません。

そんな「恒久平和」の実現に向けた数ある思い、願うものはひとつ。うまく綴ることができたでしょうか・・・ 

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る