• ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通

tenki.jp 

総合トップ ホーム > くらし・環境 > 消費生活センター > 被害事例 > ≪パソコン使用中「ウイルスに感染した警告音と警告画面が!」~偽警告に騙されないで≫

更新日:2017年9月29日

ここから本文です。

«パソコン使用中「ウイルスに感染した警告音と警告画面が!」          ~偽警告に騙されないで~

【トラブル事例】

 パソコンでインターネットを見ていたら突然警告音が鳴り始めた。画面上に「あなたのパソコンはウイルスに感染しました。すぐに〇〇へ電話してください」と電話番号が表示された。あわてて電話をしたところ、遠隔操作で警告音を止めてくれた。ウイルス対策のソフト購入と有料サポート契約を勧められたので、クレジットカードで支払いをしてしまった。注文受領メールも来たが英文なのでよく分からなく心配だ。

 【消費者へのアドバイス】

 パソコンでインターネットの使用中に突然大きな警告音が鳴りやまず、「あなたのパソコンがウイルスに感染しています」「問題解決のために○○へ電話してください」などの警告画面も連続的に表示されて、入力操作もできなくなるため、慌ててしまい表示された番号に電話を掛けさせるトラブルが増えています。

 電話を掛けると、実際にはウイルスに感染していないのに、指示されるまま遠隔操作のためにソフトをインストールさせ、警告音を止めてウイルス除去作業を行ったように信用させた後、ウイルスソフトを購入させたり、有料セキュリティ・サポートの契約を結ばせます。業者は海外のことが多く、「料金の請求」「ソフトの性能」「解約方法」についてトラブルになっています。被害にあった場合は、すぐに消費生活センターに相談してください。

 日頃からセキュリティ対策に心がけましょう。警告音や警告表示が出て不安を感じても、画面表示された連絡先に電話をかけないでください。

 トラブルになった場合は消費生活センターで相談しましょう。

 

消費者ホットライン全国共通3桁ダイヤル188

お住まいの地域の消費生活センターにつながります。

【亀岡市消費生活センター】

市役所1階市民課内(5番窓口)

TEL25-5005、FAX25-5021

(消費生活センター)

 

お問い合わせ

環境市民部市民課市民相談係

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5005

FAX:0771-25-5021

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る