• ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通
  • 亀岡市職員採用試験情報
  • 保育士募集

tenki.jp 

総合トップ ホーム > くらし・環境 > 消費生活センター > 被害事例 > ≪格安価格にご用心。「お試し」のつもりが定期購入に!?≫

更新日:2017年8月22日

ここから本文です。

≪格安価格にご用心。「お試し」のつもりが定期購入に!?

【トラブル事例】

 

スマートフォンで「初回お試し価格」でサプリメントを購入した。効果を感じず忘れていたら、2回目の商品が届いた。事業者に「注文していない」と伝えたら、「定期購入と表示している」と言って解約を拒否された。

 

【消費者へのアドバイス】

 

ホームページやSNSで「健康に良い」「ダイエット効果あり」「美容に良い」とうたう広告を見て、通常価格よりも安い「お試し」のつもりで「1回だけ」で購入したところ、実は定期購入だったというトラブルが続いています。お試し価格が安いため、未成年者の申し込みもみうけられます。
また、一回限りだと思ったが2回目が届いたので解約を申し出ようとしたところ、「事業者へ電話がつながらない」ことや解約を申し出たところ「初回価格だけ支払えばよいと思っていたのに事業者から通常価格を請求された」という相談もあります。
注文する前に、「事業者名や連絡先等の記載があるか」「定期購入が条件になっていないか」「定期購入期間中の解約が可能か、解約方法は?」など契約内容や解約条件を確認しましょう。
トラブルになった場合は消費生活センターで相談してください。

 

消費者ホットライン全国共通3桁ダイヤル188

お住まいの地域の消費生活センターにつながります。

【亀岡市消費生活センター】

市役所1階市民課内(5番窓口)

TEL25-5005、FAX25-5021

(消費生活センター)

 

お問い合わせ

環境市民部市民課市民相談係

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5005

FAX:0771-25-5021

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る