• ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通

tenki.jp 

総合トップ ホーム > くらし・環境 > 消費生活センター > 消費生活相談 > 消費者行政推進にかかる市長意思表明

更新日:2016年1月21日

ここから本文です。

消費者行政推進にかかる市長意思表明

 近年、消費者を取り巻く環境は、人口構成の変化や情報化の進展、サービスの多種・多様化に伴い、大きく変わってきました。

 社会・経済情勢や社会構造が変化する中、巧妙な手口による悪質商法や架空請求等の特殊詐欺、住まいや食品、製品に係る事故や事件が発生し、市民の皆様の消費生活への不安が高まっています。

 亀岡市では、市民の皆様の身近な相談窓口として、国の地方消費者行政活性化基金を活用して、平成23年3月1日に「亀岡市消費生活センター」を開設し、消費生活専門相談員を配置して、消費者行政の取り組みを進めてきました。

 今後も、消費生活センターの利用促進を図り、日々の啓発活動、消費生活に関する各種講座の開催を通じて被害防止に努めるとともに、市民の皆様が安全で安心した消費生活を営める地域づくりを推進してまいります。

  平成28年1月21日

亀岡市長 桂川 孝裕 

お問い合わせ

環境市民部市民課市民相談係

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5005

FAX:0771-25-5021

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る