• ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通
  • 亀岡市職員採用試験情報
  • 保育士募集

tenki.jp 

総合トップ ホーム > くらし・環境 > 消費生活センター > 被害事例 > 不安をあおり契約させるリフォーム工事の点検商法にご注意

更新日:2018年7月27日

ここから本文です。

不安をあおり契約させるリフォーム工事の点検商法にご注意

【トラブル事例】

ある日突然、「近くで屋根工事をしていたら、お宅の瓦が傷んでいるように見えたので点検したい」と業者が訪問してきた。点検した後、業者が撮影した瓦の映像を見せられ「かなりひどい。このままでは雨漏りするかもしれない。すぐに工事したほうがいい」と言われた。
迷っていると、「たまたま今日この地域に来ているので、今でないと契約できない」とせかされ、その場で約40万円の契約をしてしまった。
そのあと不安になって、やっぱりやめたいと連絡したが、「もうキャンセル出来ない」と怒鳴られた。どうしたらいいのだろうか・・・。

【消費者へのアドバイス】

住宅リフォーム工事などの勧誘が目的ということを告げずに点検を持ち掛け、不安をあおって契約をせかすという「点検商法」のトラブルが後を絶ちません。家族や周囲の人も高齢者の様子に気を配りましょう。
「点検させてほしい」と訪問してくる業者には対応しないようにしましょう。
点検を依頼した場合でも、結果をうのみにしないで、冷静に受け止めることが大切です。別の専門家などに確認して、複数の見積りを取るなど、決してその場で契約しないようにしましょう。
法定の契約書面を受け取ってから8日以内であるなどの場合はクーリング・オフを行うことが出来ます。

困ったときは、早めに消費生活センターに相談してください。



問い合わせ 消費者ホットライン全国共通3桁ダイヤル188

お住まいの地域の消費生活センターにつながります。

【亀岡市消費生活センター】

市役所1階市民課内(5番窓口)

TEL0771-25-5005、FAX0771-25-5021

 

(消費生活センター)

お問い合わせ

環境市民部市民課市民相談係

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5005

FAX:0771-25-5021

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る