• ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通
  • 亀岡市職員採用試験情報
  • 保育士募集

tenki.jp 

総合トップ ホーム > くらし・環境 > 消費生活センター > 被害事例 > ≪「老人ホーム入居権を代わりに申し込んで」は詐欺≫

更新日:2015年8月5日

ここから本文です。

≪「老人ホーム入居権を代わりに申し込んで」は詐欺≫

【事例】

知らない業者から「あなたは老人ホームの入居権の当選者。入居を希望する人のために代わりに申し込んでほしい」と電話があり申込書に署名し、代わりに申し込みをした。2日後、老人ホームから「あなたの申込書に法人名で2,000万円の入金があった。当社の権利は個人投資家にしか販売しておらず、インサイダー取引で犯罪になる」と電話があり、「100万円払えば名前を消す」と言われ、怖くなって宅配便で現金を送った。

【問題点】

1.複数の業者や公的機関を名乗る者が代わる代わる登場して不安をあおる、いわゆる「劇場型詐欺」。

2.通話の相手が高齢者の親切心につけ込み、人助けを装う。

【ひとこと助言】

1.「代わりに申し込んで」「名義を貸して」などと持ちかけてくる不審な電話は、買え買え詐欺です。

2.「名義を貸すだけ」などと言われても、後からさまざまな口実で金銭を要求されます。一度お金を払ってしまうと、次々に請求されることがある上、取り戻すことは極めて困難です。

3.こうした不審な電話がかかってきたら、相手にせず「興味ありません」「お断りします」と言って、すぐに電話を切ってください。

詳しくは消費生活センターに問い合わせてください。

 

【亀岡市消費生活センター】

市役所1階市民課市民相談係(5番窓口)

TEL25-5005FAX25-5021

 

お問い合わせ

環境市民部市民課市民相談係

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5005

FAX:0771-25-5021

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る