• かめおかプラスチックごみゼロ宣言
  • ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • マイナンバーについて
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通
  • 職員募集
  • 上下水道部
  • 亀岡市消防団

tenki.jp 

更新日:2015年9月1日

ここから本文です。

亀岡会館の休館について

 亀岡会館は、平成26年度に実施しました耐震診断において「震度6から7の大規模な地震が起こった場合、倒壊、又は崩壊の危険性が高い」との結果を受け、平成27年1月4日から休館としています。
市民の皆様には、ご理解の程よろしくお願いいたします。

【耐震診断の経緯】

 平成25年に「建築物の耐震改修の促進に関する法律」が改正され、昭和56年以前に建築された不特定多数の者が利用する大規模建築物の耐震診断が義務付けられました。
 亀岡会館はこの法律の改正を受け、平成26年度に耐震診断を実施しました。
耐震診断の委託業者から報告された診断結果は、「震度6から7の大規模な地震が起こった場合、倒壊、又は崩壊の危険性が低い」とされるIs値0.6を大きく下回る結果となりました。
 亀岡会館は、平成26年12月末に報告されたこの耐震診断結果を受け、平成27年1月4日から休館としました。
また、この耐震診断結果の妥当性を確認するため、平成27年1月に耐震診断判定委員会に判定を依頼し、平成27年3月31日に下記の判定結果の報告を受けました。

【耐震診断判定結果】

  平成27年 3月31日 耐震診断判定委員会の判定結果   Is値0.08 (亀岡会館で判定されたIs値の最小値)
                  
【耐震診断の基準】

Is値が0.6以上         倒壊、又は崩壊する危険性が低い
Is値が0.3以上0.6未満   倒壊、又は崩壊する危険性がある
Is値が0.3未満         倒壊、又は崩壊する危険性が高い

 Is値とは構造耐震指標のことをいい、地震力に対する建物の強度、靱性(変形能力、粘り強さ)を考慮し建築物の階ごとに算出します。「建築物の耐震改修の促進に関する法律」により、震度6から7程度の規模の地震に対するIs値の評価は上記のとおり定められています。

施設情報

住所

亀岡市内丸町1番地の18

亀岡会館外観

お問い合わせ

生涯学習部市民力推進課市民活動推進係

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5002

FAX:0771-22-6372

ページの先頭へ戻る