• ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通

tenki.jp 

総合トップ ホーム > くらし・環境 > 市民活動 > 協働推進 > 平成23年度第2回亀岡市まちづくり協働推進委員会を開催しました

更新日:2015年4月14日

ここから本文です。

平成23年度第2回亀岡市まちづくり協働推進委員会を開催しました

この委員会は、「亀岡市まちづくり協働推進指針」に基づき、市民と行政とのパートナーシップにより、協働によるまちづくりを推進していくために設置されました。

委員会では、協働によるまちづくりを進めるための施策や実施計画の策定、具体的、実践的な取り組みに関することなどを協議し、市長に進言および助言を行います。

亀岡市まちづくり協働推進委員会委員名簿

 

No. 氏名 性別 選出団体など
1 赤尾 つぐ代 市民公募
2 石田 武夫 有識者(佐伯灯籠保存会会長)
3 今井 覚 元気サークル大井
4 大嶋 雅子 市民公募
5 小松 康之 亀岡市自治会連合会
6 坂本 信雄 有識者(京都学園大学教授)
7 高木 玲子 亀岡市社会福祉協議会
8 田中 美賀子 特定非営利活動法人亀岡子育てネットワーク
9 田部 頼子 市民公募
10 塚田 和子 亀岡商工会議所
11 中島 三羊子 かめおか市民活動推進センター運営委員会
12 中村 功 市民公募
13 菱田 光紀 亀岡市議会
14 深尾 昌峰 有識者(特定非営利活動法人きょうとNPOセンター常務理事)
15 福田 幸志郎 市民公募
16 松尾 清嗣 市民公募
17 八木 敬三 亀岡里山クラブ

 (50音順)

会議録

 

会議名 亀岡市まちづくり協働推進委員会(第2回)
担当課 生涯学習部市民協働課(市民活動推進係)
開催日時 平成23年12月15日(木曜日)午前10時~午前11時30分
開催場所 亀岡市役所1階「市民ホール」
出席者数 委員 12人(5人欠席)
その他 0人
事務局 4人
公開の可否 ■可 □一部不可 □不可 傍聴者数 1人
公開の一部不可および不可の理由    
会議次第 1.開会

2.あいさつ

3.協議
 (1)「亀岡市支えあいまちづくり協働支援金」の制度改善について

 (2)市民用協働ルールの検討について

4.その他

5.閉会
資料

1 平成24年度支えあいまちづくり協働支援金制度改善について
(PDF:60KB)

2亀岡市支えあいまちづくり協働支援金交付要綱
(PDF:88KB)

3 協働ルール策定に向けて(市民側からの提案)
(PDF:165KB)

4 平成23年度今後のフロー
(PDF:76KB)

5「京の地域力」協働・連携宣言書~京都ウェイ~(PDF:213KB)

 京都ウェイの宣言に関して

 

会議要旨

  1. 開会
  2. あいさつ(委員長)
  3.  協議

(1)支えあいまちづくり協働支援金の制度改善について

 (事務局)

  • 議事説明(資料1、2参照)

(委員)

  • 採択された団体の事業実施報告はないのか。

 (事務局)

  • 以前にも同様のご意見を委員会でいただいた。今年度は報告会を開催したいと考えている。報告会は市民への全面公開で行いたい。

 (委員)

  • 審査会の全面公開というのは、どういう形式を考えているのか。

 (事務局)

  • 現行は非公開となっており、審査員と申請団体のみで行っている。積極的に市民へ協働や事業に関する情報を提供するという観点からも、一般市民への全面公開で考えている。

 (委員長)

  • 審査会開催をキラリ☆亀岡おしらせ版などで案内するのか。

 (事務局)

  • 傍聴を希望される方については、会場後方に席を設ける。ただし、傍聴者には発言権は与えない。おしらせ版などを使って、広く呼びかけていきたい。

 (委員)

  • スタートとステップアップの審査を分けるのは良いと思うが、どうやってスタートとステップアップの事業を分けるのか、基準が難しいと思う。事業の内容を精査しないと、うまく分けられないのではないかと思う。

 (事務局)

  • スタートとステップアップの区分については、申請の段階で、申請団体自身で選択をしていただいている。あくまでも団体からの申請を基本に組み立てている。

 (委員)

  • スタートとステップアップの位置付けだが、スタートの場合、団体が軌道に乗るまで支援をするのかどうか。ステップアップについては、毎年毎年のステップアップは厳しいと思う。ただ、ステップアップはしていなくても、活動はしていかないといけない。そのあたりのことを行政にも理解をしてもらいたい。

 (事務局)

  • 1団体3年を限度としている。審査については、推進委員会の委員の皆さんにお世話になっており、行政がしているわけではない。ステップアップしているとは思われない前年度と同じような事業を申請された人には、審査員から「何か前年度にプラスしてできることはないか」と聞いていただいている。その返答で「特に何もしない」という団体はステップアップに向けての意欲が強い団体よりもどうしても点数が低くなってしまう。

 (委員)

  • 自分たちの活動で不足しているところを支えるというようなニュアンスで助成をするようにして、ステップアップというようなニュアンスでなくても良いのではないか。

 (事務局)

  • スタートとステップアップはあくまでも申請する団体の判断であるし、2つには助成額の違いもない。そのあたりは説明会の場できちんとした説明を行い、団体と話し合いをする中で団体自身に判断をしていただきたいが、あくまでも申請団体の気持ちを大切にしたい。

 (委員)

  • 制度の内容が市民にうまく伝わっていくようによろしくお願いしたい。

 (委員)

  • 今回の改善案は不服申立への対応でもある。不服申立をされた団体の不満は、この改善案でかなり解消されているのではないかと考えている。
  • 今回の件では、プライベートの場で不服を言われて、委員としての公式な対応を求められた。そういったことも今後は軽減されるのではないだろうか。

 (委員)

  • スタートとステップアップの審査を分けるのは良いことだと思う。スタートの団体は立ち上げたばかりなので助成についても情報を全然持っていない。それに対して、ステップアップの団体は他の助成などを使い分けているし、理に適っていると思う。

 (委員長)

  • 他にご意見が無ければ拍手をもって承認いただきたい。

  (全員拍手)

  •  亀岡市支えあいまちづくり協働支援金制度改善案については承認された。
  • それでは、次の議事に移りたい。市民用協働ルールの検討について、事務局から説明をお願いしたい。

 (2)市民用協働ルールの検討について

 (事務局)

  • 議案説明(資料3参照)
  • 市民ルール検討部会が作成したこの一覧表への意見や追加希望、また、この一覧表を最終的にどういった形式でまとめていったらよいのか、意見を頂きたい。

 (委員)

  • 2点お聞きしたい。
  • 「意識、能力の向上」について、栗山市長も協働を進めたいと話されている。職員の意識を高めるための取り組み(研修など)にどう取り組まれているのか。
  • 「活動の環境づくり」について、かめおか市民活動推進センターへの支援を来年度予算にどのように取り入れているのか。私は現在よりももっと資金を注入して、専従職員を置くことが必要ではないかと感じている。行政は市民に協働への意識を高めていってほしいと思っておられると思うが、意識を高める上でも環境は大事だと思う。

 (事務局)

  • 職員の意識改革については資料4を見ていただきたい。職員側も意識改革に向けてチェックリストを作成中である。このチェックリストは協働についてのふり返りを目的としていて、今月中に部長会に提出予定である。
  • 研修についてもいろいろと考えている。3月14日には市民・職員合同での研修会開催を考えている。
  • かめおか市民活動推進センターへの支援については、センターのあり方検討会で検討していただいたものを12月6日にセンター運営委員会に報告していただいた。その報告の中でも行政の支援などについて触れられている。予算については、まだ確定段階ではないが、運営委員の事務作業を軽減するところを意識した予算案を計上している。

 (委員)

  • センターの専従スタッフの予算化をぜひお願いしたい。この一覧表をみてもセンターの機能強化が随所に出てきている。
  • 協働についてはこれまでもいろいろと議論をしているが、目標をきちんと掲げないと進まない。数値目標の必要性について以前から言ってきた。どこまで協働が進んだのか目に見えるかたちにしなければいけない。チェックリストで意識向上が実現するのかどうかと考えると、実際には数値が無いと厳しいと思う。数値化は考えられないのか。チェックリストもやらないよりはましだが、あいまいにならないようにしないといけない。

 (事務局)

  • 現在作成を進めているチェックリストは職員を対象としたものである。ルール検討部会の協議では、市民向けにもそういったものが必要ではないかという意見が出た。1月、2月には市民と職員の合同会議を考えている。
  • 数値目標については、「成果目標の違い」のところに記載がある。何をもって協働が進んだといえるのかという判断についてはいろいろな切り口があるので、数値化がしづらいと思っている。ぜひ、どういった項目を数値化した方が良いのかご意見をいただきたいと考えている。

 (委員)

  • 先進的な自治体では数値化に取り組んでいるので、私が申し上げるまでもないと思う。
  • 本当に数値化に取り組むという姿勢があればできると思う。議論しているだけでは進まない。数値が無いと現実的になかなか進まないのではないかということを危惧している。

 (事務局)

  • 数値化も含めて、取り組みのなかで研究していきたいと思う。

 (委員)

  • 「課題の共有」の中の「“社会的弱者”と呼ばれる人たちの居ない町づくり」で、行政と市民のできることが同じ内容となっているが、もう少し踏み込んだものがないのだろうか。現状に対応していないのではないか。

 (委員)

  • あくまでもこの一覧表の内容は、検討メンバーの中で話し合った中身であり、行政ができることというのも、行政から出てきたものではなく、メンバーの意見である。
  • ワーキング・グループの意見をこの委員会に提示して、より多様な意見を話していただいた方が良いものになるので、意見をお願いしたい。

 (委員長)

  • ご意見をいただいたものを、集約してまた皆さんにお示ししたいと考えている。

 (事務局)

  • お手元に『「京の地域力」協働・宣言書~京都ウェイ~』(資料5)というものがある。これは京都府が協働について宣言したものである。亀岡市も署名を行った。
  • 市民ルールもこういった形で文章化していきたいという思いがある。本日皆さんからいただいた意見も参考にしながら、ルール検討部会の皆さんと事務局でまとめをしていきたいと考えている。

 4.その他

(事務局)

  • 今後のスケジュール説明(資料4)参照

 (委員)

  • 職員のチェックリストに、地域活動に職員が参加しているかどうかの項目はあるか。

 (事務局)

  • 「地域の事業に参画し、必要な情報の収集に努めていますか」という項目で取り込んである。
  •  今年度3回目の委員会を協働支援金の事業報告会と同時開催したいと考えている。3月17日(土曜日)(第一希望)、18日(日曜日)(第二希望)はいかがか。

 (委員長)

  • 3月17日(土曜日)の午後1時30分から報告会と委員会を続けて開催する。

 (事務局)

  • 市民ルールの検討部会を1月20日の合同会議前に開催したいが、日程は後日メンバーと調整をさせていただく。

 5.閉会

  (終了)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

生涯学習部市民力推進課市民活動推進係

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5002

FAX:0771-22-6372

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る