• ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通

tenki.jp 

総合トップ ホーム > 市政 > 選挙・直接請求 > 広報・啓発 > 衆議院議員総選挙および最高裁判所裁判官国民審査

更新日:2017年10月6日

ここから本文です。

衆議院議員総選挙および最高裁判所裁判官国民審査

10月22日(日曜日)は、衆議院議員総選挙および最高裁判所裁判官国民審査の投票日です。

選挙は、政治に参加する大切な手段です。

豊かで住みよいまちを築くため、わたしたち一人ひとりの選挙権を大切にし、みんなで参加して、明るい選挙を実現しましょう。

投票日

10月22日(日曜日)

投票時間

午前7時~午後8時

投票できる人

選挙で投票するためには、選挙人名簿に登録されていることが必要です。

今回の選挙で新たに亀岡市で登録されるのは、次の人です。

○年齢要件   平成11年10月23日以前に生まれた人(満18歳になる人)

○住所要件   平成29年7月9日以前に亀岡市に転入届を出し、引き続き亀岡市内に住んでいる人

 

最近引っ越した人は、投票の場所が次のとおりになります。

届け出の例

投票できる場所

市外から転入した人

(市外→亀岡市)

平成29年7月9日以前に転入届を出した人

               ⇒亀岡市内の新住所地の投票所

平成29年7月10日以後に転入届を出した人

               ⇒亀岡市外の前住所地の投票所

市外へ転出した人

(亀岡市→市外)

平成29年7月9日以前に転出先に転入届を出した人

               ⇒亀岡市外の新住所地の投票所

平成29年7月10日以後に転出先に転入届を出した人

               ⇒亀岡市内の前住所地の投票所

市内から市内へ転居した人

(市内→市内)

平成29年9月29日以前に転居届を出した人

               ⇒亀岡市内の新住所地の投票所

平成29年9月30日以後に転居届を出した人

               ⇒亀岡市内の前住所地の投票所

衆議院の選挙制度について

今回の選挙では、衆議院小選挙区選出議員選挙、衆議院比例代表選出議員選挙および最高裁判所裁判官国民審査が行われます。それぞれの選挙において間違いのないよう投票しましょう。

衆議院小選挙区選出議員選挙

「候補者の氏名」を記入し投票

衆議院比例代表選出議員選挙

「政党その他の政治団体の名称または略称」を記入し投票

最高裁判所裁判官国民審査

辞めさせた方がよいと思う裁判官にはその氏名の上の欄に×を記入し、辞めさせなくてよいと思う裁判官には何も書かないで投票

投票所入場券は各自持参してください

皆さんにスムーズに投票していただくために、「投票所入場券」を発行します。入場券は、一人ひとりに郵送しますので、当日投票にお越しになるときにそのままご持参ください。また、期日前投票に来られる際は、入場券裏面の「期日前投票宣誓書」に必要事項を記入していただき、期日前投票所までご持参ください。

もし、投票日の前日までにお手元に届かなかったり、間違って他人の入場券が届いた場合は、できるだけ早く選挙管理委員会までお問い合わせください。

なお、入場券をなくしたり、お忘れになっても、当日選挙権のある人は、投票できます。

選挙公報は、新聞折込でお届けします

候補者の経歴や主張などを掲載した選挙公報は、新聞折込(スポーツ紙、政党新聞などは除く)で配布します。

京都、読売、朝日、毎日、産経、日本経済新聞以外の新聞を購読されているご家庭や、何らかの理由で選挙公報がお手元に届かなかった人は、選挙管理委員会までお問い合わせください。また、市内の公共施設やJR各駅などに配置する公報ボックスにも備えています。

代理投票・点字投票

字を書くことや目の不自由な人は、係員が代筆して行う「代理投票」や「点字投票」ができますので、係員に申し出てください。

期日前投票

投票日当日、投票所へ行けない人は、期日前投票を!

期間

10月11日(水曜日)~10月21日(土曜日)

時間

午前8時30分~午後8時

場所

市役所1階市民ホール

期日前投票とは

投票日に仕事や用事、旅行、出産などのため投票所に行けない人は、上記の場所で期日前投票ができます(満18歳になっていない人は、期日前投票はできません)。

この期日前投票では、宣誓書に必要事項を記入してから、投票用紙を直接投票箱に入れて投票します。

宣誓書は、投票所入場券の裏面に掲載しています。あらかじめ必要事項を記入していただき、期日前投票所にご持参ください(投票所入場券をお持ちでないまたは届いていない場合は、期日前投票所で記入いただけるほか、下記によりダウンロードできますのでご利用ください)。

期日前投票宣誓書(PDF:24KB)

期日前投票

対象

選挙期日に投票に行けず、期日前投票所まで来ることができる人

(ただし、選挙期日までに18歳になるが、投票する日では17歳の人を除く)

方法

投票用紙を直接投票箱に入れます。(ただし、宣誓書の記入は、必要です)

期日前投票ができる人

期日前投票は、次のような理由がある人ができます。

○仕事がある人や冠婚葬祭の予定がある人

○旅行や買い物などの用事のため投票区の区域外にいる人

○病気・負傷・妊娠などで、歩くことが困難な人

○住所移転のため亀岡市以外に住んでいる人

○天災や悪天候により投票所に行くことが困難な人

不在者投票

不在者投票の手続き

次に該当するときは、不在者投票となります。

1他の市町村で不在者投票を行うとき

出張や旅行などにより、他の市町村に滞在中の人は、宣誓書兼請求書(あらかじめ選挙管理委員会へ用紙の請求が必要。また、下記によりダウンロードできます)に記入の上、亀岡市選挙管理委員会に直接または郵送で投票用紙などを請求してください。

不在者投票宣誓書兼請求書(PDF:35KB)

2指定病院などで不在者投票を行うとき

都道府県選挙管理委員会が指定した病院や老人ホームに入っている人は、不在者投票管理者(病院長や施設長など)に申し出てください。

3選挙期日までに18歳になるが、投票する時点では17歳の人

期日前投票所で申し出てください。

郵便などによる不在者投票(郵便などによる不在者投票の請求は、10月18日(水曜日)必着)

次に該当する人は、郵便などによる不在者投票ができます(自宅で投票できます)。

この場合、事前に郵便等投票証明書(申請に基づき該当の有無を確認後、選挙管理委員会から郵送)を受け取っておく必要があります。

郵便による投票ができる人

手帳の種類

障害等の種類

障害等の程度

 

 

身体障害者手帳

両下肢、体幹、移動機能

1級もしくは2級または

同程度と認められた人

心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸

1級もしくは3級または

同程度と認められた人

免疫、肝臓

1級から3級までまたは

同程度と認められた人

戦傷病者手帳

両下肢、体幹

特別項症から第2項症まで

心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸、肝臓

特別項症から第3項症まで

介護保険

被保険者証

要介護状態区分

要介護5

郵便などによる不在者投票ができる人で、一定の条件に該当する人は、あらかじめ選挙管理委員会に届け出た人(有権者)に投票の記載をしてもらう「代理記載制度」があります。詳しくは、亀岡市選挙管理委員会へ問い合わせてください。

インターネットを使った選挙運動が解禁されます

インターネット選挙運動解禁に係る公職選挙法の一部を改正する法律が平成25年5月26日から施行されました。有権者は、ウェブサイト等(ホームページ、ブログ、ツイッターやフェイスブック等のSNS、動画共有サービス、動画中継サイト等)を利用した選挙運動が可能となりますが、電子メールを利用した選挙運動は、引き続き禁止されています。また公示日前の事前運動や未成年の選挙運動は、これまで同様に禁止されていますので特に注意してください。

詳しくは、こちらをご覧ください。 総務省ホームページ(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

選挙管理委員会

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5057

FAX:0771-24-5501

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る