• ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通

tenki.jp 

総合トップ ホーム > くらし・環境 > 動物 > 動物愛護 > 猫にえさをやりはじめると?

更新日:2017年11月9日

ここから本文です。

猫にえさをやりはじめると?

1.爆発的に数が増えます。

  • 子猫は半年で、また次の子猫を生むようになります。
  • エサを求めてほかの地域からも猫が集まってきます。
  • メス猫1匹は、1年に15~20匹の子猫を生みます。

2.迷惑猫になってしまいます。

  • 庭木で爪を研いだり、花壇で遊んだりする。
  • 家に侵入して台所などをあさる。
  • ふん尿の放置で悪臭プンプン。
  • ごみを荒らす。
  • 猫ノミが発生する。

3.かえって猫が不幸になることが多いです。

  • 縄張りあらそいでケガや事故が絶えない。
  • 猫同士の間で病気が流行。猫にとっても住みにくい環境に。

京都府配布パンフレットから掲載しています(京都府広報印刷物No1605116)

お問い合わせ

環境市民部環境政策課環境政策係

京都府亀岡市安町野々神8番地

電話番号:0771-25-5023

FAX:0771-22-3809

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る