• ふるさと納税
  • ふるさとを感じられる亀岡に住もう 移住・定住
  • 亀岡市議会
  • 教育委員会
  • 亀岡市のバス交通

tenki.jp 

総合トップ ホーム > くらし・環境 > 上下水道 > 漏水調査に関するご協力のお願い

更新日:2017年9月28日

ここから本文です。

漏水調査に関するご協力のお願い

漏水調査について

亀岡市水道課では、限りある水資源の有効活用や道路陥没による事故の未然防止などのため、道路や宅地内(配水管からメーターまで)の地下に埋められている水道管の漏水調査を実施します。この調査は、亀岡市から委託を受けた調査員が、腕章と市発行の身分証明書を携帯し、調査を行います。

調査にあたっては、音聴棒と呼ばれる機器を使って宅地内にある水道メーター(量水器)や止水栓で漏水の有無を調査します。

この調査では、調査員がお客様の敷地内(水道メーター設置箇所まで)に立ち入ることになりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

調査区域と期間

調査区域

上矢田町・中矢田町・下矢田町・東つつじヶ丘・西つつじヶ丘・南つつじヶ丘

調査期間

平成29年10月上旬~平成29年12月下旬(9時から17時まで)

調査の対象となる水道管

道路に埋めてある配水管から分岐された給水装置の道路部分から宅地内の水道メーターまでです。水道メーターから宅内側の調査は行いません。

 

給配水管図

 

調査方法

宅地内の水道メーター(量水器)・止水栓に音聴棒(おんちょうぼう)と呼ばれる調査機器をあてて、地表に現れていない漏水の有無を聴き取る調査をします。この調査を「音聴調査」といいます。

音聴調査の結果、漏水らしき音があれば、相関式漏水探知器を使ってさらに詳しく調べ、漏水があった場合は漏水箇所の特定を行います。この調査を「確認調査」といいます。

 

漏水調査写真

音聴棒による調査

 

調査業務の委託先

株式会社西日本水道センター大阪支店

〒532-0003

大阪府大阪市淀川区宮原2-10-9

TEL06-6396-8118FAX06-6396-9711

漏水調査で発見した漏水の修理

確認調査により発見した漏水は、修理する必要があります。

道路部分に埋設されている配水管の修理は水道課が行います。

また、宅地内水道メーターまでの給水装置については、水道課が修理を行い、水道メーターから宅内側はお客さまの費用負担で修理して頂くことになります。

お客さまの負担による修理は、亀岡市の指定給水装置工事事業者にお申し込みください。

亀岡市指定給水装置工事事業者

 

ニセモノ調査員に注意してください

・漏水調査は亀岡市水道課の費用で実施しておりますので、お客様に調査費用を請求することはありません。

・Ÿ宅内の水道管の漏水調査や水質調査、物品の販売(浄水器など)・斡旋などは一切行っていません。

・Ÿ調査員は亀岡市が発行する身分証明書と腕章を身につけています。

疑わしい場合は身分証明書の提示を求めていただくとともに、水道課整備管理係にご連絡ください。

 

 

お問い合わせ

上下水道部水道課整備管理係

亀岡市北古世町1丁目2-5 

電話番号:0771-25-6704

FAX:0771-22-6336

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る